TOP > 2005年10月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.31

ターミナル

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
B0002U8NPM.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg


見ましたー。泣いちゃいましたよ。(涙もろい私)

トム・ハンクス演じるナボルフスキーが東欧の小国クラコージアからある約束を果たすためにNYへやってくるのですが、途中クーデターでパスポートが使えなくなり、アメリカへの入国許可も祖国(がなくなってしまったので)への帰国もできなくなり空港で足止めをくってしまうんですね。

果たして彼はNYへいけるのだろうか。客室乗務員アメリア(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)との恋のゆくえは・・?

でも私が1番注目したのは、空港ではたらく人々との心のふれあいでした。
インドから犯罪を犯して逃げてきて清掃人として働いているグプタ(インドの人の英語は聞き取りにくい!)、スペイン人で機内食を運搬しているエンリケ、入国管理局で書類の受付をしているドロリスなど・・個性的で魅力的なひとびとがたくさんでてきます。
ドロリスがすごく可愛かった!

空港で働く人々も最初はナボルフスキーを単なる変わり者と見ていたのですがだんだんと彼の人柄や行動に惹かれていくようになります。

最後空港を出ていくのを、みんなで見送るシーンが、すごくアメリカらしいファンタジーでよかったです。ハッピーな気持ちになる映画。
スポンサーサイト

2005.10.31

らくだが好き

DSCF0035.jpg


うちのらくだコレクションです。夫が今年の5月から8月いっぱいまで、アラブ首長国連邦という国に赴任してました。
お土産にらくだグッズをいっぱい持ち帰りました。

DSCF0037.jpg


こどもたちへのおみやげのキーホルダー。でも値札もとってないね・・・

DSCF0038.jpg


金のらくだくん。金運があっぷするといいね。

夫はいまかなり、アラブにはまってます。インテリアをアラビックにしたい!とか(それだけはやめて!!)ひげをはやそうかなーとか本気でいっています。

2005.10.31

タコのカルパッチョ

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

DSCF0034.jpg


ゆうべの晩御飯につくりました。
さっぱりして、おいしかったです。

ほかにオニオンスープのパイ包みやき。
とりのから揚げです。(子どもたちの好物)

オニオンスープは見事失敗しました・・。うまくいったら画像貼りたかったんだけど、次回リベンジです。

2005.10.30

スカビオザ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用
DSCF0030.jpg


このこたちはこれから植え替えです。
鉢がたりなかったのだ・・

DSCF0031.jpg

2005.10.30

オーガスタ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用
DSCF0029.jpg


オーガスタも窮屈な鉢から移って、やっとのびのびできそうです。
苦しい思いさせて、ごめんね・・

DSCF0032.jpg


ちなみにいままで使ってた鉢カバー。

2005.10.30

ビオラ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用
DSCF0026.jpg


ずっと気になっていた玄関にある鉢植えの花の植え替えをしました。
ビオラの紫がきれい。

DSCF0027.jpg


いま絵付けしているプレートがビオラなので、それに合わせてみました。

2005.10.29

ジャズ喫茶 ちぐさ

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
B000AA7E0Y.01._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg


秋ですね。秋にはジャズが似合います。

横浜の桜木町駅の近く野毛には伝説のジャズ喫茶ちぐさがあります。
日本で1番古いジャズ喫茶です。おととし初代の店長の方は亡くなられたそうですね。横浜文化功労賞なども受賞されています。

もう15年くらい前になりますか、雑誌編集のアルバイトで野毛地区の取材をする機会がありました。そのときにこの店に連れて行ってもらいました。
まだ若くて乙女だった私は、野毛という町の雰囲気にのまれてしまい、少し怖かった記憶があります。でも薄暗い店内で流れるジャズは古く、懐かしい音で印象に残りました。

なぜこんなことを書いているかというと、たまたまネットでちぐさについての記事を見かけたからでした。昔の横浜を知ってる方がまた亡くなられたんだと思うと、悲しくなりました。

私はジャズについてはあまり詳しくありませんが、その当時はコルトレーンが好きでした。

みなさんのおすすめもよかったら教えてくださいね。

2005.10.28

男と女

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
B000B63CR6.01.LZZZZZZZ.jpeg


アヌーク・エメが大好きで、この映画も数え切れないほどみてますね。
展開がゆっくりで単調なので、見ながら寝てしまうなんてこともしょっちゅうなんですが・・

でも映画のなかに漂う独特の雰囲気が好きで、何度も見てしまうのです。
大人の恋・・ですね。

いつか、映画の舞台になった、ノルマンディー地方のドーヴィルに行くのが夢です。

2005.10.27

竜馬がゆく

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
DSCF0023.jpg


はい、たいへん有名な本ですね。でも、私はこの本を読むまで坂本竜馬って何をした人なのか知らなかったんです。

あ、もちろん薩長連合を組ました人とか大政奉還の立役者とかそういう日本史の教科書に数行でてきそうなことぐらいは知ってましたけど、でも、だからなんなの?くらいな感じでしたね。正直いって。

でもこれを読んだら、彼はあの時代あの場所に選ばれて送られてきた人なんだって思いました。歴史にもしはないけど、もし彼がいなかったら幕末以後日本はどんな風にかわっていたのかな。だから幕末維新上の奇跡と呼ばれるんでしょうね。彼は。

司馬史観にはいろいろ論議もあるみたいだから、これ1冊ですべてと思ったらいけないとは思うものの歴史の入門書としては最適なんじゃないかな。

ほんとおもしろくて、読み終えるのが悲しいと思ったものね。

今年は日露戦争から100年で「坂の上の雲」も読もうと思ってるけど、
現在2巻でなかなかすすまず。これもおもしろいけどね。

2005.10.27

アーネスト・サトウ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

以前、雑誌の編集のアルバイトをしていたことが、あります。
横浜にあった会社だったので、横浜についての資料集めを毎日毎日していた時期がありました。紅葉坂にある県立図書館で昔の新聞を読んだり、関内にある開港資料館にもよく通いました。

そのうちに幕末から明治にかけて活躍した外国人に興味がわいて来て読んだ次期がありました。

アーネスト・サトウの「一外交官の見た明治維新」はイギリスの外交官であった彼が文久2年江戸在勤の通訳を拝命してから、明治2年一時帰国するまでの日本での体験・見聞を綴った回想録です。日本の事情に通じていたサトウは、相次ぐ事件のエピソードにからめて、当時の日本の風物・人情・習慣などを描き出しています。

決して読みやすい文章ではないけど、興味のあるかたにはおもしろいかも。


2005.10.27

大切なことは全部彼女から教わった

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
DSCF0020.jpg


犬養道子さんの本です。一度もお会いしたことはないけれど、師と仰いでおります。今生きている方で、一番尊敬している人でもあります。

著書はたくさんあります。写真は家にいまあったものですが、図書館でもずいぶん借りて読んだので、もっともっとあります。

犬養さんは、今年84歳になられるのでしょうか。
東京でお生まれになりました。祖父は五・一五事件で凶弾に倒れた犬養首相、従姉妹には緒方貞子さんなどがいらっしゃいます。

恵まれた生い立ちと才能、豊かな環境と見聞、人生に対する積極的な態度・・。

しかし、彼女の真価はそれだけでは、ありません。のちにアジア・アフリカ・ヨーロッパの難民救済のために精力的な活動をすることになります。

首相の孫として生まれ、世の中の日の当たるところの1番よいものばかり与えられ歩いてきた方が、最貧の極地、ミゼールの地に降り立つというのはどれほどのものなのかと思います。また、私利私欲というものがまったくないこの姿勢に本当に頭が下がります。

いつも世界のなかでの日本の立場や、日本人としていま、私があなたがしなければならないことを著作のなかで、繰り返し繰り返し説いておられました。

昔はこういう真に日本のために、日本人のためにと大局でものを考え、行動してらした方が多くいらっしゃったのでしょうが、現在は少なくなってると思いますね。

だからこそ、貴重です。日本の宝だと思います。

ひとりでも多くの方に著作を読んで欲しいと、切に願います。

2005.10.27

朝食

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ
DSCF0019.jpg


今朝は夫が8時近くに出勤すればよかったので、ゆっくり朝食をとることができました。普段は6時40分には家を出るので1時間以上違うとぜんぜん違いますね。

PAULのパン
海老と卵とツナのニース風サラダ

牛乳、コーヒー
スープもあとで追加しました。

写真がぜんぜんおいしそうに撮れてない・・
研究が必要ですな。

2005.10.27

PAULのパン

テーマ:パン - ジャンル:グルメ
DSCF0017.jpg


ゆうべお土産にクロワッサンとプチパンを夫が買ってきてくれました。

あとハーブ・チキンが入ってるパンも買ったらしいけど、おなかがすいて帰りの電車のなかでビールをお供に食べたそうです。



2005.10.26

高島屋のカタログ

帰ってきたらお歳暮のカタログが届いてました。
もう?と思ったけど10月も末ですものね。

スイーツとワインにいろいろおいしそうなのがあって
今年は何がいいかなと迷いそうです。

DSCF0014.jpg

2005.10.26

バレエ

今日はバレエのレッスンがありました。
1時間半近くみっちりやって、今日もへとへとです・・。

これから子供たちが帰ってくる前に買い物に行かなくては・・。

2005.10.25

フランス語との出会い

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術
学生のとき、フランス語とフランス文化を専攻していました。
なぜかというと、当時はヨーロッパの文化に興味があったこと。
フランス語は自分のなかで難しい言葉というイメージがあったので、それに挑戦してみようと思ったことです。

大学3年生のときに、フランスに語学研修に行く機会が訪れました。
期間は6週間で、ブルゴーニュ大学の外国人向け語学講座に4週間出席して、後の2週間はパリで美術館巡りをしました。

わずかな期間でしたが、非常に多くのものを学んだ経験でした。
そしてその後の自分にも多くの影響を及ぼしています。

たくさん話したかったのに伝えたいことが、きちんと伝わらなかったこと。
とても悔しかった。

帰国してから、もっとまじめに勉強すればよかったのに、そしてその必要があったのに日常の忙しさにまぎれて、勉強しませんでした。

社会人になってからも横浜日仏学院に通って、細々と勉強は続けていましたが、出席することで安心してしまい、ここでもきちんと勉強しませんでした。

結婚して子供ができてからは、もうほとんどやっていませんでした。

でも、こころのどこかでずっとコンプレックスというか、自分のいままでを振り返ったときに中途半端なことで後悔を引きずっていました。きちんとやるべきときにやらなかったつけが回ってきているのかもしれません。

当時日仏で一緒に勉強していた仲間のほとんどは今も勉強を続けていて、フランス語圏に拠点を置いて仕事をしている人や、現在の仕事に活かしている人、もう自分が教えられるレベルまで達している人もいます。

もう、これ以上後悔しないように自分で納得できるまで頑張りたいと思っています。
まずは会話を普通にできるレベルになりたいな。

2005.10.25

やりなおしフランス語

DSCF0009.jpg


ひさしぶりにフランス語の勉強をまじめにしようと思ってCD付きの教材を買ってきた。2ヶ月くらいでこれを終わらせるのが目標。

友人のSさんはすごくエネルギッシュな女性。しばらく自宅で翻訳の仕事をされていたが、先日連絡したら、「実はフランス系の外資の会社で今働いてます。まわりは7割がフランス人です。今度わからないことがあったら連絡するので、よろしくね!」とメールがきた。

いつもいい意味でプレッシャーをくれてありがとう、Sさん。
見てますか、あなたですよ。

あなたからの問い合わせにもすぐに答えられるように、頑張って勉強しておきますからね!もちろん自分のためにも。

2005.10.24

アイロン

今日はひさしぶりにアイロンをかけたり、ボタンのとれたのを付け直したり、粗大ゴミを捨てて部屋を片付けたり、出さなきゃならない手紙を出したり、家計簿をつけたりと家の中のことを丁寧にした。

それに午後息子が風邪気味で病院に連れて行ったりしたので、ますます忙しかった。

でも半端になっていたことを終わらせたのですっきりした。
やらなきゃ・・と心の片隅で思いながらなかなかやらないのってすごく心の負担。片付けてよかった。

2005.10.24

I am Sam

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画
B00006BION.09.LZZZZZZZ.jpeg


大好きな映画です。ショーン・ペンの知的障害者の演技は素晴らしいし、
ルーシーはかわいいし、ミシェル・ファイファーもいい。

ビートルズの音楽も大好き。All you need is love!

親子の愛情に感動。愛こそがすべて・・・

スタバにいくとサムが一所懸命働いている様子を思い出します。

2005.10.23

火鍋

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ
20051023211751


流行りの(?)火鍋を食べに来ました。
白いのはとんこつスープ、赤いのはなつめやクコの実などの漢方が入った
体によさそうな辛いスープ。
それに野菜や海老やラムなどをしゃぶしゃぶして食べます。

辛いけど、美味しい。

ラーメンを入れてもおいしいけど、今日はおじやでしめました。

2005.10.23

スタバ

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ
20051023211434


今日はどれにしようかな…

DSCF0005.jpg


深炒りが好きなので、今日はゴールド・コーストブレンドとイタリアン・ローストにした。

うちのコーヒーメーカーはミルと一体型で入れ終わると自動で洗浄してくれる。豆のまま買えるのがうれしい。

挽きたては香りが違うから・・

2005.10.23

カルデイにて

20051023211157
お買い物。

2005.10.23

もみじまんじゅう

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
DSCF0001.jpg


広島出張のおみやげのもみじまんじゅう。
最近はチーズ味とか、チョコ味とかいろんなのがあります。

写真はウサギマークのお餅が入ったの。
ほんのりゆずの風味。

2005.10.22

画像ファイルを一部削除してしまいました

お見苦しくて申し訳ありません。

誤って画像ファイルを一部削除してしまいました。
データの残っているものはもう一度順次入れていこうと思っています。
無いものは・・・・
ショック。

泣きたい・・
 

2005.10.22

ラーメン

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ
DSCF0002.jpg


休日はラーメンだ!というわけで今日もお昼はラーメンでした。
夫が作りました。
鶏がらと野菜で煮込んでスープを作りました。

夫は雨のなか、スーパーに買い物に行って、特売の卵を2パック買ってきてくれました。どうも、ありがとう。いつも感謝してます。
(鬼妻では、ありません。)

2005.10.22

森 瑶子

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
彼女が亡くなってもう何年経つのだろうか。

私がまだ少女だったころ、彼女のエッセイを読むのが好きだった。
都会的で洗練された、大人の女・・作家、森瑶子。
著作は無数にある。

しかし、晩年彼女は、私生活では自分は幸せではないと公言するようになった。

それは、彼女の次女、マリア・ブラッキンが書いた「小さな貝殻 母・森瑶子と私」というタイトルの本に詳しい。作家としての成功とは対照的に、夫の事業の失敗や借金、彼女の愛人、家族の葛藤などの現実が書かれている。しかし、病気になった彼女を前にして家族の絆が再生していき、死後新たな形が作られる。

マリアはいう、確かにそこに愛情はあったのだと・・。

森瑶子の作品を読んだことのないひとでも、ひとつの家族の物語として興味深く読めると思う。

4101412219.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg

2005.10.21

満(mitsuru)のパン

テーマ:パン - ジャンル:グルメ
DSCF0288.jpg


これも友人のお土産。エキュート品川でご購入。

写真では、紙袋に包まれているのだが、バゲットがパリパリもちもちで
最高においしかった。こんなおいしいバゲットは久しぶりに食べました。
焼きたてだったからかもしれないけど、天然酵母と良質小麦のパンはおいしかったです。並んでまで買ってきてくれて本当に感謝です。

お土産たくさんありがとう・・・
今度はもう手ぶらで気楽に立ち寄ってね。
また会おうね。

2005.10.21

Dean & Deluca のマフィン

テーマ:パン - ジャンル:グルメ
DSCF0289.jpg


Dean & Delucaのマフィンたち。

おいしそー

2005.10.21

白ワイン

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ
DSCF0290.jpg


友人がお土産に買ってきてくれたワイン。

2003 Chablis AC (Domaine Bernard Defaix)
ブルゴーニュ地方が産地だそうです。

成城石井でご購入。

辛口と書いてあったけど甘くて飲みやすいワインでした。

2005.10.20

結婚祝い

DSCF0283.jpg


ウエルカム・プレート。初めて作った作品。
大好きなクリスマス・ローズの絵で。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。