TOP > 2006年01月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.31

デビットボウイ

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
20060131170620


TSUTAYAでベスト盤のDVDを借りた。クイーン、ロキシー・ミュージック、ストーンズ、この時代のもの、みんな好き。久しぶりに聞いたけど、やっぱりいいなあ。1972年だって。30年以上前。信じられない!
スポンサーサイト

2006.01.31

あなたはどのタイプ?

テーマ:日記 - ジャンル:育児
昨日娘の幼稚園のクラスのお友達からお誘いを受けて、お茶に呼んでいただいた。はじめてのお宅。インテリアは北欧風。天然生活などがお好きで、手作りのリースやテーブルクロスやランチョンマットなどどれも趣味がよくて素敵だった。

ところで、そのときの話題。

娘はバスで幼稚園に通ってるが、朝は8時15分にお迎えが、帰りは2時25分に送られてくる。家のすぐ近くのバス停に来てくれる。

で、私は東京方面に出かけるときは朝9時すぎに家をでて、1時くらいに向こうを出る。そうするとこっちに2時くらいには着くので、お迎えにはまあ、間に合う時間。そんなふうにお出かけしてるのだが、ひとりの人は「平日は出かけないの」という。どうして?と聞くと「もし地震などの災害が起きたときに、子供を迎えにいけないといやだから」だそう。

驚いた。本当に驚いてしまった。彼女いわく「たぶん、前世で私は地震で子供と離れて亡くなった人だと思う」(爆)。といって、みんなで笑ったのだが、実はそのあとけっこう考えたのだ。

私は備えるという観念が欠けているのだ。このご時世に家には、防災用品なども置いてない。心配しても仕方がないことは心配しないタイプ。万が一にも自分にはそういうことは起こらないとどこかで信じている。万一おきたときは、仕方がない。神のご意志にまかせよう、という感じ。幸せというか、おめでたい。

でも、そういう慎重なひともいるのだなあと今回は感じ入った。
いろいろ人と話すと、いろんな発見があって面白い。

人間ってやっぱり面白いなあ。

2006.01.29

いたたた・・

テーマ:日記 - ジャンル:日記
昨日から、左肩の筋肉か筋を痛めたみたいで左手を後ろにしたり、上にしたりするとひどく痛む。「い、い、いたーい!」と思わずうなってしまう。
ま、昨日よりはだいぶいいんですけどね。でもこれはうわさの40肩ってやつ?運動もしてるし、単に筋を痛めただけと思いたいんですけど・・。
また、少し前から心臓がときどきばくばくする。これって動悸?もしかして更年期・・?とか不安になる。まー、まだ早すぎると思うけどね。

こんなこと書いてるとまたBABYちゃんに怒られそうだな(笑)。

とりあえず、早く治ってほしいです。

2006.01.29

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2006

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
今年はモーツアルト生誕250年にあたるそうですね。モーツアルト・イヤーです。

数日前の新聞にラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2006http://www.t-i-forum.co.jp/lfj/の記事が出ていました。今年も始まりますねー、という感じです。

LFJ(ラ・フォル・ジュルネ、略します)はゴールデン・ウイークに東京国際フォーラム(有楽町)で催される音楽祭で、毎年ひとりの音楽家をテーマにしています。去年はベートーベン、今年はモーツアルトです。

国内外の有名アーティストも参加してるのですが、チケットが安い!1500円から3000円。しかも子供も参加できるプログラムもたくさんあります。クラシックコンサートに連れて行ってあげたかったのですが、子供と一緒に・・というのはあまり無いですよね。これは値段も安いので気楽に連れて行くことができました。(去年)でも十分コンサートの醍醐味は味わうことができました。

今年も絶対行こう!と思っていたのです。ちなみに、おまけですが、去年は会場でコンサートが始まる前にワインやパウンドケーキをすごく安い値段で楽しむことができました。帝国ホテルの協賛でした。そういうちょっとしたお楽しみもあるのです(笑)。

2006.01.28

ピンクのダッフルコート

先日ウインドーショッピングをしに、横浜に出かけた際にユナイテッド・アローズに立ち寄ったのだが、そこに白髪のショートカットの60代くらいの女性が落ち着いたピンクのダッフルコートに白のパンツという出で立ちで洋服を見ていた。ピンクといっても、パステルとかではなく、紫に近いような落ち着いた色。それが彼女にとてもよく似合っていて、思わず目を奪われた。ダブのコマシャールに出ているような女性といったらイメージしてもらえるかな?

いくつになっても女性は女性で、自分に似合うものを真剣に追求している。先日のカラーコンサルティングでも「年をとればとるほど、しわやしみなどが出てくるので自分に似合う色を着ることでそれが緩和されます。逆に似合わない色をきるとそれが強調されるんですよ」とおっしゃってたが、彼女にはあの色がとても似合って輝いていた。私もあんな素敵な女性になれたらいいな、と思いながら帰路についた。

2006.01.27

ピエール・エルメ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
あの、カリスマ・パティシエ、ケーキ界のピカソと称されるピエール・エルメのケーキ食べくらべの会を開こうと決めてから、早2ヶ月近く。ついに、その日がやってまいりました(ぱちぱちぱち)!

みなさまにこの興奮が伝わりましょうか。サダハルアオキのケーキ以来待ち望んで待ち望んでやって食すことのできるこの喜び。未知のものに対する限りない期待と興奮・・。

さてさて、ではリポートでございまする。

買出しはわたしのスイーツ&パン屋さんの師匠であるAちゃん。はるばる表参道までのとんぼ返りありがとうーーー。Aちゃんはおいしいものを食べることをこよなく愛し、かつそのための手間をいとわない人である。彼女の事前リサーチにより、こちらのおすすめかつ外してはいけないケーキが厳選セレクトされてきた。

DSCF0057.jpg


まずはマカロン。これはヒジョーに期待しました。そして・・・期待を裏切らずおいしかったです!どれもおいしかったのですが、特に気に入ったのが、アラベスク(アプリコットクリームとアプリコット)鮮烈な果実の風味、ローズ(バラ)これも口の中にバラの香りがふんわり、オリーブオイルとバニラもこの素材の味に、納得、モガドール(パッションフルーツとミルクチョコ入りガナッシュ)もなんともいえず鼻腔に味と香りが広がりました。

DSCF0063.jpg

イスパファン バラの香りのマカロンの間にライチ、フランボワーズがはさんである。バラのクリームも。薔薇、ですよ。この色彩、かたち。芸術品です。

DSCF0062.jpg

フレジール ミルクチョコとやわらかなミルクチョコのガナッシュを重ねたチョコレートのミルフィーユ。一番下はあらく砕いたノワゼットとたっぷりのごまが練りこまれたダックワーズ生地。 これ、おいしかったなあ・・。私はチョコはそのままで食べるのが普段好きであまりチョコのケーキは好きではないのですが、これは別格です。チョコのおいしさとナッツ類のハーモニーが最高でした。もう一度食べたいです。

DSCF0061.jpg

ドゥ ミルフィーユ パリでもっとも人気。キャラメリゼしたパイ生地の上にアーモンドとヘーゼルナッツをトッピング。パイ生地にはさまれるのはヘーゼルナッツプラリネとカスタード、生クリーム、バタークリームを合わせたクリーム。中央になるさくさくしたフュティンはヘーゼルナッツペーストと実くるチョコレートの組み合わせ。

DSCF0059.jpg

デューン ピスタチオいりダクワーズ生地。ピスタチオ入りクリーム、ローストしたとうもろこしの層に織り込んだプラリネ。

DSCF0060.jpg

タルトシトロン かりっと香ばしく焼かれたサブレのタルト台。そのなかにクレーム・オ・シトロン。上にはレモンピール。これも私好みの味でした。タルト生地は非常にしっかりしていて、またこのレモンのクリームがすごくレモンの風味が強くて、口に運ぶとジュワーと味が広がります。エルメさんは素材の風味を強く残しておきながら、決して素朴でない、洗練された個性的なケーキを作る人です。

DSCF0058.jpg

エモーション オリエンタル 一番下にジンジャーブレッド入りクレームブリュレと真ん中にドライフルーツ(イチジクやオレンジやたくさんのスパイス)と一番上はレモンゼリー。これを混ぜてそのハーモ二ーを味わうのですが・・。これは、私の一押しです。なんとも不思議な組み合わせ。なのに、最高に、合うのです。食感もいいし。食べながら、何度も「おいしい。うーんおいしい」とうなってしまいました。この組み合わせを考えるんだー、さすが、天才。

常に刺激的で、私たちを楽しませてくれるケーキを作り出してくれるエルメ氏に脱帽です。最後にこちらをおすすめしてくれた、まりさん、おらんちゃん、ありがとうございました!感謝、感謝です。

かつて無いほど、力の入ったかつ長い記事でした・・。
今度はお店にいって2階で食べてみたいです。

次回また違う気になるお店でケーキ食べ比べの会しようね!と参加者は約束したのでした(笑)。

2006.01.27

ハートで感じる英文法(倒置)

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術
いつもは録画で見るのですが、今日はオンタイムで見ることができました。
今日のテーマは倒置で、イメージはハートマーク、感情の高まりでした。

たとえば、Am I glad to see you!(あえてうれしいわ)のような例文です。
強い感情の高まりを表しています。

先生が黒いティーシャツに赤いハートをアップリケしてあるのを見せてくれて、もう忘れません(笑)。

ああやって、記号などであらわすのはいいですね。イメージが定着します。暗記する場合もああやって、ひとつひとつ何かのイメージをつけるとよいと何かで読みました。

最近あのクリス先生がインタビューして、インタビューされた人が話してる内容が英語のまま理解できるようになってきました。(全部ではないですが)
ただ、自分が同じ内容を話せるかというとまだまだその域には達してません。
でも聞き取れるようになっただけでもうれしいです。フレンズ効果出てきました(笑)。

2006.01.25

ムスカリ

20060125213915


ジアンの真似をして描いたもの。私にはマイセンのような緻密な絵は難しい。このぐらいラフなものでちょうどいい。

ムスカリは春の花。このシリーズのパンジーのお皿欲しいな。
春の食卓に並べたらきっと楽しいと思う。

2006.01.25

キレイ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用
20060125213617


お花っていくら見ても飽きない。バラの繊細なピンク。ガーベラの力強い赤。
照明の下で見るとまた違った感じ。

2006.01.24

亡国のイージス

テーマ:DVD - ジャンル:映画
B000BQVDHC.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg


ひさびさの映画ネタです。亡国のイージス、日本アカデミー賞作品賞や主演男優賞などたくさん取りましたね。夫が見たいといって、見たのですが・・。

最新鋭の防空システムを搭載したイージス護衛艦「いそかぜ」に、沖縄米軍基地から盗まれた化学兵器「GUSOH」が特殊工作員によって持ち込まれた。「いそかぜ」の先任伍長の仙石はその情報をつかみ、新入りの如月が工作員ではないかと、目星をつけるが、副長から離艦命令が。そのあと「いそかぜ」の全ミサイルの標的が東京に設定された。黒幕は対日工作員のヨンファ。彼の目的は?そして東京はどうなる?という、ストーリーなのですが・・。

豪華な俳優陣、(真田広之、中井貴一、佐藤浩一、寺尾彰、原田芳雄、吉田栄作など)もすごーく期待したのですが・・。

決して決してつまらない映画ではないのに、なぜか不完全燃焼なのです。それはアクション、サスペンスなどいろいろ盛り込みすぎて、ひとつひとつのエピソードをもう少し掘り下げて欲しかったなーという印象を受けました。何で彼はこういうことをしてしまったのか、という掘り下げが足りなくて登場人物に同調しにくいのです。俳優さんたちはそれぞれとてもいい演技をしているのに、全体として調和してなくて、もったいないなーと思いました。

その中でも真田広之はもちろんよかったのですが、それ以上に中井貴一は素晴らしい!!彼は演じるとき完全に役になりきってしまうように感じます。今回も不気味な北朝鮮の工作員を演じてました。佐藤浩一も大好きなのですが、彼は逆に何を演じても、佐藤浩一ですね。正反対です。

あと、如月役の新人の男の子もすごく可愛かったです。今後に期待です。

2006.01.24

ミニ・ブーケ

20060124204512
小さな幸せ。ピンクと赤。私の色(笑)。

2006.01.24

カラーコンサルティング

テーマ:マイブーム - ジャンル:趣味・実用
DSCF0056.jpg


今日は予約していたカラーコンサルティングに行って来た。きっかけは湘南LOHAS通信さんhttp://ameblo.jp/maremi/の記事で、ご近所でリーズナブルな値段でコンサルティングをしてくれるところがあるのを知り、軽い気持ちでやってみることにした。

さて、全てのひとは、お年寄りから子供まで4つのカラー群に分類できるそうである。そして、それは一生変わらない、と聞いてまずびっくり。年をとって肌の質などが変われば、それも変わるんじゃないかと思っていたからだ。
「診断は、一生ものなんですよ。」

そして、その4つのカラー群はそれぞれ春・夏・秋・冬と名づけられている。どれに属するかによって、似合う色、似合わない色が違う。私は夏だった。日本人には一番多いそう。(約4割、松島奈々子なども夏ですって(笑))

似合う色はピンク、紫、青などのアジサイのグラデーションのような色。また、自分では似合わないと思っていたパステルピンク・藤色、ペパーミント・グリーン、レモン・イエローなども「お似合いです!」と太鼓判を押してもらった。生成りや紺、赤、ココア色などもOK。ただし、自分の好きだったベージュや、ゴールドは似合わないことが判明。でも顔周りに似合う色をもってくることでカバーできるという。

最後に似合う色で簡単にメークをしてもらって終了。途中手作りのおいしいシフォンケーキもごちそうになった。おみやげに30色のカラーシートと自分のタイプの説明のプリントももらった。カラーシートは買い物のときなどに役立ちそう。

さっそくお迎えのときに水色のストールをしていった。みんなが「おでかけ?」といってくれた。「似合う色を着けると、お友達の反応が変わるのですぐわかりますよ」とおっしゃてったことが印象に残ったが、その通りでした。
とても楽しかったです。

カラーコンサルティング
http://www5f.biglobe.ne.jp/~harue3

2006.01.24

お弁当

テーマ:ナチュラル生活 - ジャンル:趣味・実用
DSCF0054.jpg


今朝は3人分のお弁当を作る日でした。火・金はいつも3人分です。夕べ下ごしらえしておいたので、今日はスムーズに行きました。(したがって写真を撮る余裕があった(笑))
ゆでたまご、やきそば、ポークソテー、ジャガイモとインゲンとハムをいためたの。何かもうちょっと野菜があればよかったかな、という感じです。
お弁当の中身を毎日アップしてるサイトとかあって、美しいーといつも感心します。飾り巻きをしたり、工夫をしてるんですよね。私は雑なのでそういうのは、ちょっとムリ。でもふたを開けたときに、わーってなるようなお弁当は理想です。たまーーーーに、そういうのを作ろうと思います(希望)。

2006.01.23

サル

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児
20060123193609


コアラのような、サル。もくもくと作業してます。次から次と子供の頭の中は何を考えてるのでしょうか。色使いがきれい。

2006.01.23

子供部屋

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児
20060123193313


壁に娘の作品(?)が張られています。折り紙を切って作った動物や、何かを自分でセロテープでぺたぺたと貼り付けて満足しています。

白い壁は子供にとって、魅力的なキャンバスにうつるようです。 

2006.01.22

ザッハトルテ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
20060122132724


これもベルグフェルドのもの。息子はチョコレートケーキが好きです。
あまり洋酒がきいてない、想像してたよりは軽い感じです。

2006.01.22

フルーツケーキ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
20060122132713


昨日いったベルグフェルドのもの。レーズンやフルーツの洋酒につけたのが、クラムと一緒になってて、おいしかったです。

2006.01.22

フレンズ

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育
20060122093004


今朝アマゾンから届きました。フレンズシーズン2の前半です。
いままではTSUTAYA DISCUSでレンタルしてたんですが、借り放題にもかかわらず、なかなか見終わらず月に2本とかしか利用しなかったので、結局買いました。近所のレンタル店は新作扱いで3泊とかしか貸してもらえないので、これは、ムリ。

でもこれで安心して、励むことができます。字幕無しでみてから、英語字幕を全部書き写して、シャドウイングをして、日本語の意味もとって、もう一度字幕なしでみて・・とやると本当に時間がかかります。これもどのぐらいで終わるかな(笑)。でも終えたときにきっと今より力がついていると信じて進めるつもりです。

2006.01.21

すき焼き

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:グルメ
20060121222709


子供たちによーく噛んで味わうように言い聞かせてから(笑)、頂いた。
うーん、うまい。

2006.01.21

山形牛

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:グルメ
20060121222416


高級牛肉グラム1100円。普段グラム100円か200円代の肉を食べている我が家にとっては、一大事だ。きっかけは実家に帰ったときに、お歳暮でもらったという三越のグルメカタログを頂いてきた。1万円分くらいのおいしいものが満載。いろいろ迷った挙句、すき焼き用の山形牛、900グラムを取ることにしたのだ。

霜降りがおいしそう。楽しみ。

2006.01.21

タコ焼き機

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:グルメ
20060121140310


関西なら一家に一台あると言われているタコ焼き機。(本当?)
初めて買いました。家族でタコ焼きです。美味しー。

2006.01.21

パン

テーマ:パン - ジャンル:グルメ
20060121112411


大量のケーキとパン。
娘は耐え切れず車の中でシュークリームを食べてしまいました・・。

翌日食べてみたけど、時間が経ってるのにまだしっとりしていて、かつすごくきめ細かい。雑穀ぱんなども硬すぎず柔らかすぎず、本当においしかったです。

2006.01.21

ベルグフェルド

テーマ:パン - ジャンル:グルメ
20060121112406


雪のドライブ。夫を駅まで迎えに行った帰り、雪景色を見に鎌倉にドライブに行きました。道はがらがらで、すいすい行けました。

以前から行きたかった鎌倉雪の下にある有名なドイツパンの店に来ました。
ケーキやクッキー、ハードパンどれもおいしそうです。
雪にもかかわらず、常連さんらしい方々がひっきりなしに店に入ってきました。

2006.01.21

雪・・ですね

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記
太平洋側では、めずらしく雪が降ってます。
朝起きたら、結構なペースで雪が降ってました。

この悪天候にセンター試験の方、たいへんですね。
頑張ってほしいものです。

うちの息子はセンター試験とはまったく関係ないのですが(笑)、次世代ワールドホビーフェアというおもちゃ屋さんの展示会のようなものに出かけました。朝7時に友達と待ち合わせて、友達のお父さんが連れて行って下さるとのことで大喜び&興奮していきました。この天気なので去年よりは、人も少ないかも・・と母は願ってます。

そう、去年も行ったんです。去年は家族で、車で幕張メッセまで行ったんですが、主人が今日もしごとなもので今年は家族ではムリでした。テレビ東京で朝6時45分から7時半までやってる「おはスタ」という番組でさかんに宣伝していたのでもう行きたくてしょうがない。でもすごい人、人、人だったんです。パパ&ママ、週末子供サービスというところでしょうか。子供にとっては会場でしか手に入らないレアもののカードやら先行販売のおもちゃやらで、もううれしくて仕方がないという様子でした。

私は・・もう一度寝ます。

2006.01.20

英語の達人

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術
4887240848.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg


NHKのビジネス英語の講師などを長年されている杉田敏先生の本。DHC出版。1996年に発行されています。

この本は日本で生まれ、初等・中等教育は日本で受けながら、並外れた英語力を発揮し、それぞれの分野で独自の境地を開いて活躍している13名の「英語の達人」と呼ばれる人たちに、そこに至るまでの努力の足跡を語ってもらい、そこから人生訓を学び取り英語学習のヒントを得ようというインタビュー集です。

杉田先生によると、この人たちの成功の秘訣は7つあるという。

1. 積極的な生き方、不屈の精神力
2. 「バネ」としての英語
3. 英語学習にかけた執念、努力
4. 恥をかくことを恐れない
5. 「聞く・書く・話す・読む」のバランス
6. 母国語の能力
7. 目標設定

詳しいことは、この本に説明されてるので、割愛するが、以上のポイントのようだ。この達人のたちの中には10年が経ち、すでにお亡くなりになられた方も含まれている。でもそういう方々のお話をうかがえるという点でも貴重な記録でないかと思う。

インタビューされてる人は、塩谷鉱、佐々木かをり、高円宮憲仁親王、石倉洋子、佐藤昭弘、野田聖子、堀義人、杉田時雄、国弘正雄、秋葉忠利、長崎玄弥、小林薫、黒川康正、杉田敏(ご本人)。

今回紹介したいと思ってひさしぶりに見返したら、やはり、みなさんの努力に頭の下がる思い。勉強へのモチベーションを高めてくれる。

さーて、勉強しようかな(笑)。


2006.01.20

美容院

テーマ:日記 - ジャンル:日記
今日(というか正確には昨日だけど)美容院にいってきた、カットとカラー。
久しぶりにすごく短くした。なんか、自分じゃないみたい。

担当は何度かしてもらってる、なじみの人。私の髪質や毛の生え方などもよくわかっていてくれるので、安心して任せられる。

とても素敵にしてくれた。
「見た目は若く、心は大人です」

さっぱりしました。

2006.01.19

フリージア

20060119083615
仲間入り。ピンクの花を買うのは初めてだけど、これも素敵。

2006.01.18

眼鏡

20060118225419


今日ハートで感じる英文法の再放送を見ました。英語学習者の方たちの間で話題沸騰の楽しい番組です。その番組に出演されている大西先生について、服装やしぐさが独特でインパクトがある、とたくさんの方がおっしゃってたのですが、実は私全然違和感なかったんですよ。え、なぜかしらと思ったところ、夫のめがねと似てたんです。大西先生の眼鏡が(笑)。

これ、フォー・ナインズのもので、とってもいいものなんですけど。
夫がこれを選んで買ってきて、初めてかけてみせたとき、
「芸人・・?」と思ってしまいました。そして、どうして一緒に行って選んであげなかったんだろう、私のバカバカバカと激しく自分を責めました。

最初は強烈なインパクトのあったこの眼鏡も毎日見てるとしだいに慣れて普通になってしまいました。

こういうの、流行ってるんでしょうか?ちなみに行列のできる法律相談所に出ている若い弁護士の方(名前忘れちゃった)もフォー・ナインズを愛用されてるそうです。

2006.01.18

ランキングに参加して

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
ランキングに参加して1週間くらいだけど、アクセス数が以前の倍から3倍くらいに増えました。以前は毎日50人から60人くらいだったけど、今は毎日3桁越えてます。多い日は200人近くになったこともあるので、やっぱりランキングに参加すると見てくれる人が増えるんだなあと実感しました。あいかわらず、コメントしてくれる方は少ないですが(苦笑)、読んでくれる方がいると思うと励みになります。気軽にコメント下さるとうれしいです。

でも最近は忙しくてお手軽な食べ物ネタばかりですものね。コメントもしにくいかも。映画や本などいろいろ書きたいこともあるのですが・・頑張りマース。

2006.01.17

デュフィ

20060117215705


今年はデュフィ。去年はオキーフでした。
デュフィは色使いが明るくて、幸せを感じる絵。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。