TOP > 2006年03月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.31

ウミガメ

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行
20060331140012


ユーモラス。ウミガメが水槽に近づいてきた。
スポンサーサイト

2006.03.31

クラゲ

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ
20060331135726


クラゲのふわふわした動きを見てると時が止まったよう。癒されるー

2006.03.31

お久しぶりです

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児
20060331135710


昨日実家から戻ってきました。久しぶりの更新です。
みなさまお変わりありませんか?
春休みで、近くの新江の島水族館にきてます。

2006.03.24

新じゃが

テーマ:ナチュラル生活 - ジャンル:趣味・実用
20060324102409


新じゃがが出回る季節になりましたね。味が淡白なので、油であげて、パセリと塩とガラムマサラをまぶしてみました。

おいしかった。あっという間に食べちゃった。

2006.03.24

金時豆

テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ
20060324102108


圧力鍋でいただいた豆を煮てみました。おどろくべき手軽さ。いままで作ったことなかったんだけど、すごく簡単でした。市販のものと違って甘味を調節できるのがいいですね。

たくさん作ったので、冷凍してちょこちょこ食べるつもりです。

2006.03.23

20000カウント

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
さっき、カウンターをみたらもうじき20000カウントではないですか。去年の10月からはじめてもうじき半年。でももっとずっと時間が経っているような気がします。

カウンター、サイトの一番下にあるので、踏んだ方よかったら教えてくださーい!

追記:残念ながら自分で踏んでしまいました。。。

2006.03.22

お仕事

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
来月から仕事をすることになりました。春休みが終わって、中旬から。週に3日銀行で事務スタッフとして働きます。

去年資格をとる事ができて、それに関連した仕事をと今年に入ってから探していたのですが、残念ながらフルタイムの仕事しか募集がありませんでした。まだ子供が小さいので残業やフルタイムの仕事はきついなあと思い、職種にこだわらずパートタイムの仕事に切り替えました。
子供が成長するにつれて働き方も変わってきます。そのときそのときで自分にベストまたはベターなものを選べたらいいと思いました。

実際のところどんな仕事でも雇っていただけるだけ、ありがたいです。だって10年ぶりなのですから。。職探しをしてるときに「えー、そんなに経ってたのかァ」という思いでした。自分ではちょっと前のような気がしていたのですが、履歴書や職務経歴書に記入するときブランク10年って。。あり?という感じです。

この10年もただ遊んでいたわけではなくて(汗)、主人が転勤族で1年半から2年おきくらいでいっしょに全国を回っていたのです。子供も小さかったので、いっそ子育てに集中しようと思いました。おかげで安心して、手元で育てる事ができました。それは本当に幸せなことでした。でももともと仕事をすることは好きでした。仕事をやめて主人と結婚して地方に行くと決めたときは大きな決断でした。子供が成長したらまた働こうとずっと思ってきました。流れに逆らわず、あきらめず、です。

先日面接を受けたのですが、お友達に、ぜったい子供のことと子供が病気になったときはどうするかって聞かれるから、「祖父母が近くにいますから。っていいなさい。実際なったときは祖父母の都合がつかなくてって言えばいいんだから!」と入れ智恵されて(笑)そのつもりでいたのに、実際の面接では「ご実家は・・桐生ですね。ではご両親は桐生ですね。ご主人の実家は・・?」と聞かれて笑顔で「札幌です!」と言ってしまった私・・。これで受かったのは本当に目に見えないものの力のような気がします。

面接とそれ以外でもラッキーな事がいくつか重なりました。面接会場ではブースにひとりひとり呼ばれて面接官と話すのですが、その声が隣の部屋までまる聞こえなのです。すごく厳しいことをいってる怖そうな面接官の人がいて、「あー、あの人に当たったら終わりだ・・」と思っていたら私のときはすごくおだやかそうな60代と思われる男性。話も終止にこやかで、落ち着いてはなすことができました。でも手ごたえはなかったんですが。

結果は3日後に封書でといっていたのですが、結局翌日には電話がかかってきて「合格しました。それで勤務地の相談をしたいのですが」と私にとって自宅からより近いほうを紹介してくれました。それも「さっき空きが出て」とのことでした。

ここ以外にもいくつも面接にいったり、派遣会社の登録にいったりしたのですが、結局いまの自分にとっていちばんいいところに決まったと思います。

新しいスタートです。

2006.03.22

朝の災難

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記
20060322135457


今日はバレエの日だった。「さあ、今日も頑張るぞー」と着替えて駐車場に行き車に乗り込んだら「・・・」エンジンがかからない。何度もやり直したが結局ダメだった。どうも半ドアにしていて、バッテリーが切れてしまったらしい。がっかり。徒歩でも自転車でもいけないところなので結局あきらめた。

かわりに家でしばらくストレッチした。そしてゆっくり新聞を読んで、リスニングの練習をした。去年からやってるリスニング練習の教材がようやく終わりそう。。

そうこうしてるうちにお迎えの時間。今週初めからは半日保育。幼稚園も小学校も金曜日まで。あとは春休みだ。

2006.03.22

ミネストローネ

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ
20060322135444


ゆうべ作ったミネストローネ。朝に食べた。ちょっと煮詰まったけど、野菜がいっぱいはいってて体にいいよーっと感じが好き(笑)

2006.03.22

ラム

テーマ:30代のライフスタイル - ジャンル:ライフ
20060322065149


ラムを焼いた。うちはみんなラムが好き。カルダモンやスパイス類(お肉についてた)をまぶしてオーブントースターで焼くだけの手軽さ。

2006.03.22

夕食

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ
20060322065144


鯛のカルパッチョ。オリーブオイルとバルサミコとナンプラーを同じ割合で混ぜてみた。

2006.03.21

テーマ:果物・フルーツ - ジャンル:グルメ
20060321165205


今日午後は近所の市場に行ってきた。苺はいまが出盛りで、2パックで550円だって。苺好きな私にはうれしい限り。

また、たっぷり買出ししてきた。さて、いまから夕飯の準備です。

2006.03.20

江原さんの本

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
4101189218.09.LZZZZZZZ.jpeg

江原啓之さんの本は2冊持っています。

スピリチュアルな人生に目覚めるために 心に人生の地図を持つ 新潮文庫

4837961487.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg



”幸運”と”自分”をつなくスピリチュアルセルフ・カウンセリング 王様文庫 です。


これらの本は去年夏通関士試験の勉強をしていて、「果たして意味のあることをしているのだろうか」と迷っていたときに出会いました。どちらもページをめくると不思議と自分が知りたかったこと、欲していたことが目に入ってきました。

前者は彼の人生の歴史についてとスピリチュアルな人生の法則などについて詳しく述べられています。後者は自分を分析して考えることで人生の意味や指針などについて自分自身のなかにある答えを導き出すための本です。

どちらも自分にとって大切な本です。

2006.03.20

北京ヴァイオリン

テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画
B00009XLKW.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg

覇王別姫のチェン・カイコー監督の感動作。ヴァイオリンの才能ある息子を一流のヴァイオリニストにするため、貧しい父はお金をコツコツためて、息子と北京へ。そこで出会った人々。息子は一流のヴァイオリニストに果たしてなれるのか・・?

親子の愛情とヴァイオリンの演奏がとにかく素晴らしい。息子を思う父。父を思う息子。また、周辺の登場人物もそれぞれ事情があり、ドラマがある。貧しい音楽教師、男から金を巻き上げる怪しげな女、チェンの才能を認め世に出そうとする力のある音楽教師。人間を深く掘り下げて描いていて、とても共感できる。ラストに共感できるかどうかはその人によると思うが、何回でも見たくなる素敵な映画だ。

2006.03.20

燃えよ剣

テーマ:幕末 - ジャンル:学問・文化・芸術
410115208X.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg


「なあ、総司、おらァね、世の中がどうなろうとも、たとえ幕軍が全部敗れ、降伏して、最後のひとりになろうとも、やるぜ」

武州多摩の百姓の子”バラガキのトシ”が生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上がりの寄せ集めにすぎなかった新撰組を、当時最強の人間集団へと作り上げ、己も思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。幕末の動乱期を新撰組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑なな生涯を描く。-カバーより引用

自身を軍師として位置付け、幕末の義が賊へ、賊が義へと転換する混沌とした時代にただ一筋に愚直に剣に生き、新撰組に生きた男の生涯。

幕府の走狗、時代のあだ花、人殺し集団と後世に評された新撰組だが、彼の生き方は熱く、読むものの胸を打つ。

戦闘ばかりの描写の中で、お雪とのはかなくも情熱的な恋が切ない。

お雪さんは横浜で亡くなったそうだが、詳しいことはわからないそうだ。残念。

2006.03.19

オーラの泉スペシャル

テーマ:オーラの泉 - ジャンル:テレビ・ラジオ
昨日はオーラの泉スペシャルがありましたね。とても楽しみにしてました。

広末涼子ちゃんはドラマの番宣のため呼ばれたという感じで、なんだか半信半疑なのがありありと見えてあまりおもしろくなかった。

長島一茂さんと綾戸智恵さんはすごく面白かったなー。

長島さんはやはりスーパースターの息子ということで幼い頃から苦労してきたとのこと。でも富士山や桜の花と縁のある高級な女神が守ってくれているし、この1,2年を超えたらこれからは安泰とのこと。

綾戸智恵さんは特に印象的だった。若いころアメリカに渡って黒人男性と結婚し子供ももうけたけど、相手の暴力のため離婚。その後「普通の人なら自殺してしまうような」苦労をして今にいたるとのことだった。
江原さんは霊視していて「ご苦労されましたね」と泣いていた。私はこのひとのこういう優しいところが好きだ。ご自身もまだ高校生のときにご両親を亡くし、たいへん苦労なさってるのだ。それにこういう力を持っていると人間のいやなところなどをずいぶんみてると思うのだがそれでも、とても暖かい人柄だ。

綾戸さんは前世でやはり外国人男性と結婚したが子供をとられてしまい、今生ではその子と会うために生まれてきたとのこと。私も以前息子とは縁が深いんですよと言われた事がある。前世との関わりかな。あまり詳しく聞かなかったけど。

だから子供に苦労をさせているとは今日限り思わないでくださいと江原さんはおっしゃっていた。きっと国際結婚で、シングルマザーで子供には必要以上に苦労をかけていると罪悪感をもっていたんだろう。「あなたの子供でなくてはだめだったんです」そういわれて綾戸さんはずいぶん楽になったことだろう。

私の年上の友人にもアメリカ人の黒人男性と結婚したけどやはり暴力が原因で離婚した人がいる。しばらく独身だったけど、去年入籍してこの春子供が生まれると年賀状で知らせてきてくれた。今回も黒人男性で、じぶんよりも年上でとても優しいひとらしい。彼女は今年44歳になるはず。はじめての子供。自分でもびっくりしてるといってた。

彼女も見てたかな?そこにいたるまでに通った道はすべて必要なものだったんだよね。無事に赤ちゃんが生まれること願ってます。

2006.03.19

おはぎ

20060319224945


週末はあっという間に終わりました。。
今読書に熱中してて寸暇を惜しんで読んでます。

お彼岸だからというわけではありませんが、おはぎを作りました。
息子が大好きなので、2ヶ月に1度くらいの割合で作ってます。

今日は息子もやりたいというので、かたちをつくるときに参加させたらよろこんで作ってました。泥ダンゴみたいだものね。

2006.03.18

朝の読書タイム

テーマ:+ママの息抜き+ - ジャンル:育児
20060318100752


今日は娘の園の卒園式。娘はあと1年あるけど在園児はお別れの歌を歌うのでそれに参加するため送ってきた。1時間後に迎えにいくため近くのファミレスで待機。ファミレスってひさしぶりだなあ。ラーメンとか回転寿司とかはいくけどファミレスってあまり利用しない。以前冷凍品をそのまま暖めただけというようなものを出された事があるかもしれない。

気づかなかったけど、パーテーションでくぎられたふたつ先のテーブルに隣のクラスのママの団体がいた。7,8人。おしゃべり盛り上がってて声がめちゃめちゃ大きい。

盛り上がるとまわりが見えなくなってしまうんだよねー。自分も含めて。
気をつけようと思いました。。

2006.03.17

自然霊のいたずら?

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ
「あー、またあ!!」という出来事がありました。

カレー粉がないのです。コレだけ読むと何だ?と思われるでしょうが
ぜったいそこにあるはずなのに、そこにちょっと置いたのに、誰も触ってないのに、ものがこつぜんと消えてしまう、隠されてしまうということが割とひんぱんにあるのです。

今日も食料品を買い物して、生ものだけ冷蔵庫に入れて娘を迎えに行きました。帰ってきて、さーてカレー粉・・と袋から取り出そうとすると、「・・ない」。カレー粉以外のコーンフレークやら、お菓子やらはちゃーんとあるのに。もちろん誰もさわってない。もしや冷蔵庫に入れたかな、と3回くらい確認したけどない。他の戸棚やらなにやらあちこち探してもない。一瞬自分の記憶を疑って「もしかしたら、買わなかったかも」と思ってレシートを確認してもちゃんとカレー粉158円となっている。落とすはずもないし。買い物かごが空になったのを確認したのも覚えてる。ホント不思議。

結局あきらめてコンビニに買いに走りましたよ。あー、困ったものです。

みなさんはこういうことあります?

2006.03.17

デザート

テーマ:オーガニックライフ - ジャンル:グルメ
20060317224109


最後はいちごのコンポートとバニラアイス。
ぺろっと終わりです。満足です。

そうそう、パンもおいしかったです。おかわりもらえれば
もっと良かった(笑)。

Oさんとおしゃべりとても楽しかった。ふたりとも食べ物のこと、食器のこと大好きで、話がとまらないくらい。今日はふたりとも生成りの色のセーター。下はフレアスカート。Oさん生成りのセーターよく似合ってた。たぶん私と同じサマーだと思った。黒系よりもパステルやきれいなピンクやブルーが似合うんだ。またご一緒しましょうね!

「cradle」Restaurant&Wine Bar

Telephone 045-680-0966
open 11:00 - 26:00
address 横浜市中区元町1-37-10
close 月曜日(祝日の月曜日は営業)

2006.03.17

メイン

テーマ:横浜!YOKOHAMA! - ジャンル:地域情報
20060317223831


前菜はホタテのグリルとほうれん草のキッシュ。
サラダはオーガニックハーブのサラダ(確か)
写真をとるのを忘れた。というか、写真をとらずにすぐに食べたくなってしまったのです。どれもおいしかった。お野菜はオーガニックで、すごくしっかりした味。トマトが甘くて印象に残ってます。キッシュもおいしかった。

で、メインはメカジキのグリルバルサミコソース添え。
メカジキぶあつくて、しっとりしてる。ぱさぱさしてないの。
添えてある野菜の味も濃くて、ちょっと煮詰めたバルサミコの甘さとよく合う。

2006.03.17

元町でランチ

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ
20060317223818


今日は楽しみにしていた、元町でランチの日です。
お天気も暖かく、風の強い日でした。

細い路地を曲がるとそこはありました。

ランチコースで。別にワインとデザートを注文しました。
まずは白ワイン。コートドゥローヌのもの。さっぱりしてて飲みやすい。
何杯でもいけそう。。

2006.03.15

葉山Bonjour

テーマ:パン - ジャンル:グルメ
DSCF0112.jpg


せっかく葉山まできたので、よらなきゃとBonjourさんに立ち寄りパンを買いました。お店の写真もとりたかったなあ。

DSCF0114.jpg


リサーチしておかなかったので、どのパンがおすすめかわからない。
バゲットと食パンがおいしそうだったのでそれにした。

バゲット皮も硬すぎず、柔らかすぎずおいしかったです。

2006.03.15

葉山の海

テーマ:葉山・逗子 - ジャンル:地域情報
20060315172054


美術館の建物がとてもしゃれていて素敵な上に、目の前は海、海、海。
葉山の御用邸のすぐ近くにあります。

夏は込むでしょうね・・。でも今の時期はそうでもなかった。
テラスでお茶を飲む事ができて、海も見れて最高でした。

たくさん写真とりたかったんだけど、ここで携帯の電源が切れてしまった。
残念でした。

でもとてもよかった。いい時間が過ごせました。

2006.03.15

神奈川県立近代美術館葉山

テーマ:美術鑑賞日記 - ジャンル:学問・文化・芸術
20060315171753


今日はとてもいいお天気だったので前から行ってみたかった神奈川県立近代美術館 葉山にドライブがてら出かけた。1時間くらいかかるかと思ったら45分で到着。お気に入りのCDを聞きながらのドライブは本当に楽しい。

DSCF0113.jpg


パウラ・モーダーゾーン=ベッカー 時代に先駆けた女性画家 
をやっていた。こんな不便なところにあるわりには結構なにぎわいだった。でも込みすぎず、空きすぎずちょうどいいくらい。年配の方が多かったけど、楽しんで鑑賞してる様子が感じられた。きっと地元のひとに愛されている美術館なんだろう。

このパウラさん(1876-1907)はドイツの画家でわずか31歳で長女を産んだ直後夭折してしまったのですがピカソやロダンと同世代です。当時まだ女性が美術教育を受けるのが難しかった時代にロンドン、ブレーメン、ベルリン、やパリで学んだりして生き生きと活躍しました。

パンフレットにとても素敵なことばがあったので引用します。
「私は自分がそれほど長生きしないことを知っている。しかし、それは悲しむべきことであろうか。祝祭は長ければ、それだけ美しいものであろうか。私の人生は、ひとつの祝祭、儚くも(はかなくも)、充実した祝祭なのだ」

この画家の生涯は短いものであったが、とても充実していたであろうことはこれらのたくさんの作品から容易に感じられた。

いい展覧会だった。

2006.03.14

ホワイトデー

テーマ:ホワイトデー - ジャンル:恋愛
20060314222716


今日は主人が早く帰ってきました。(といっても8時くらいだけど)
駅から電話がかかってきて「今日はホワイトデーだからケーキを買って帰ろうか?」とのこと。もちろん喜んでイエス。

喜久屋洋菓子店は元町の老舗のお菓子屋さん。そこの支店が近くにあるのでそこで私はプリンアラモード、息子はチョコケーキ、娘はシュークリーム(あっという間に食べてしまったので写真にない)、夫はフルーツのケーキ。

プリンおいしかった。懐かしい味。

2006.03.13

ロイズのクルマロチョコ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
20060313235147


ロイズのクルマロチョコホワイト。長さ17センチ、幅4センチ、高さ3.5センチ(測った)のかまぼこ上のチョコの中にくるみとマシュマロが入っていて、自分の好きな大きさに切り分けて食べる。あらかじめ切ってあるのも売ってるけど、私はいつもこれを買う。なんだかケーキみたいで楽しいでしょ。

私の好みはロイズではホワイト。生チョコもホワイトをいつも買うなあ。

北海道のお菓子では自分用ではこれと生チョコともりもとのゆきむしスフレを買う。何度食べても飽きない。

2006.03.12

感謝の気持ちと想念の花束

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体
先日のオーラの泉はベッキ-がゲストだった。ベッキ-ちゃんは今生では問題なく良い子で、毎日自分のまわりのすべてのものに呼びかけながら感謝の気持ちを伝えているという。(守護霊や、補助霊、ご先祖様、家族、友人等など)

毎朝20分くらいその感謝をおこなって、それからお祈りをするそうだ。
「それはとてもいいことです」と江原さんも美輪さんもおっしゃっていた。そうすることで、たくさんのご加護を受けていて、それがオーラの中にも金色のボールのように見えるとのこと。

とてもいい話だなあと思い、自分に置き換えると最近感謝の気持ちが少し足りないように感じていたので、さっそくやってみることにした。ひとりひとりの名前を呼びかけ、心から感謝する。すると不思議。ざあっと涙が出てきた。きっと感謝するという行為を無意識の自分が欲していたのだろう。終わるととてもすっきりした気分。

あと想念の花束ということばも印象に残った。自分が苦手に感じる相手などに花束を贈るように、優しい気持ち、あたたかい、いい匂いがするようなこころが喜ぶような気持ちを贈るということ。目をつぶって、相手にそういう気持ちが届くようにとせいいっぱい祈る。

翌日、ちょっと不思議なことが起こった。私は義母がちょっと苦手なのだが(ごめん)、彼女からとてもやさしい声で電話がかかってきて「子供たちにお菓子の詰め合わせを送った」というのだ。いつも私たちのことを気にかけてくれている彼女だが、今回のことは偶然か、それとも?

想念の花束は自分にも、彼女にも届いたようだ。

2006.03.11

ルタオのフロマージュドゥーブル

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
20060311215157


友達と一緒にルタオのチーズケーキを取り寄せた。6個頼むと1個プレゼントでついて来るそうで、送料も無料になるキャンペーン中だったのでお得。

これを食べるのは2回目だが、2種類のチーズが層になっていて甘味もちょうどいいし、やっぱりおいしいです。

パッケージも可愛い。

2006.03.10

新作5(小鉢)

DSCF0092.jpg


これは自宅用に作ったものです。このサイズの小鉢が欲しかった。
プレートセットと同じ図案で花や、天使の羽など現代アートっぽく(?)書いて見ました。

DSCF0091.jpg


和にも洋にも使える。うれしいなー。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。