TOP > 2007年08月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.26

こだわりや

20070826232401


この前そごうの地下のこだわりやさんで買ったもの。

即席ぬか漬けのもとをみつけておおよろこび。
さっそくつけてみている。塩加減や温度でかなりできあがりがかわってくるので、現在試行錯誤中。

毎日ぬか漬けが食べられて幸せ。

あと、オーガニックコーヒーと塩、オリーブオイルも買った。

オーガニックコーヒーは雑味がなくて、まろやか。
なかなかおいしい。最近スタバの豆にちょっと飽きたのでいろいろ試してみよう。

オリーブオイルはヌチェス・デ・プラドのもの。
スポンサーサイト

2007.08.26

モトヤ

20070826232350


ここにくるのは1年以上ぶりだ。
パンケーキの店モトヤ

息子はここは初めて。かなり気に入っていた。

私もパンケーキは大好きだが、量が多すぎて困る。
3枚が定量だが、2枚とかも選べればいいのだが。

あと、テイクアウト用にはいろんなパンケーキが選べるのに、店内ではプレーンしか試せないのでそれも残念。
(マロンパンケーキ、おいしそうだった。。。)

帰り、隣のロールケーキ1で買って帰った。
ロールケーキは相変わらずおいしくて、娘と半分こして味わって食べた。

2007.08.26

オレンジミルクコーヒー

20070826232248


金曜日、元町で妹と子供達とお昼を食べることになった。

先に元町に到着した私は、上島珈琲店に寄って一息つくことにした。

オレンジミルクコーヒーは期間限定。

どんな味がするのかな、と気になり飲んでみた。

ミルクコーヒーにホイップクリームとママレード。
冷たくて、美味しかった。

珈琲に柑橘系の味って合うんだね。

2007.08.23

ジャズイズ

20070823222807


「ジャズのライブを聴きに行きたい。。」とお友達にリクエストしたら「竹内直さんのライブがジャズイズでありますよ。きっと気に入ると思う」と連絡をもらい、連れて行ってもらうことに。

関内駅から程近い場所にそこはありました。
30人も入ったら満席になってしまいそうな店内はすでにほぼ満席でした。

照明が落とされ、直さんのアルトサックスの音が響くと会場は拍手に包まれる。1番前の席なら、彼の汗さえも飛んできそうなほどに近く、ドラムやベースの音は直接におなかに響いてくる。

「あー、これが生の演奏なんだ。これこそが自分が求めていたものだ」

そう、CDでは絶対に伝わらない、その場にいるからこその体験、感動。

それぞれの楽器がまるでけんかをしているのではないかと思うくらいに激しくからみあい、たたみかけてくる。

かと思えば、いたわりあうかのように優しくお互いを引き立てあったり。

とにかく、面白かった。思ってたとおり、直さんの演奏はすばらしかった。

次の日も彼のサックスの音が頭で鳴り響いていた。
しばらくたった今も、頭から離れない。

2007.08.23

SCANDIA

20070823222626


主人の両親と妹が子供達を札幌に連れて行ってくれたので、4日間夫とふたりだけで過ごすことができました。

すごーく静かで、しみじみとしていい時間でした。

私には、貴重な貴重な夏休みでした。

で、ふたりでSCANDIAという異国情緒漂う横浜らしいレストランに行きました。

北欧料理。店内はちょっと古くて、照明もおとしてあり、木彫りの飾りなどがあり、で時間を20年くらいさかのぼった感じでした。
ゆっくり、ゆったりとした時間が流れています。

ここを紹介してもらったときに、「量が多すぎるのが、減点。。。」と聞いていたのだけれど、その意味がよくわかりました(笑)。

スモーガスボードというのがここのお勧めで、大皿にのせて出してきてくれるのですが、7種類の前菜、そしてキャビアが一缶全部のせちゃったんじゃないの?と思うくらい多くてふたりで目を丸くしてしまいました。

そして、メインは4種類、サラダ、チーズ盛り合わせ、デザート。。。と続くのですが、かなり大食漢の私達でも食べきれないほどの量でした。

1人前が多めの2人前くらいと考えていいと思う。

飲み物の値段が良心的なので、4人ではいって、このコースを2人前たのんで取り分けて食べるのがちょうどいいかも、と思いました。

夫も私もとても満足しました。

後日この話を知り合いにしたら、「あー、そこってパパがママにプロポーズしたレストランだ!」といってました。(27歳談)



2007.08.19

ダロワイヨ

20070819230729

2007.08.19

オーダーシャツ

20070819230611


夫と日本橋三越にシャツを作りにきました。
お仕立て券をもらったのだけど、三越の数が減って仕立てられるところの最寄はここなのです。

でもさすが日本橋。シャツ地の種類も半端ではありません。
スイス製、イタリア製、日本製。

カフスやポケットや襟やボタンを選んで、できあがりが楽しみです。
写真はサンプルで、バーバリーのもの。
こんなのがいいね、とふたりで選びました。

2007.08.19

デザート

20070819230339


デザートは7種類の中から、2つ選べます。
私はマンゴープリン、パパイヤのショートケーキ。

ほかに娘の抹茶のチーズケーキも食べました。

すると、帰ってからおなかが痛くなってしまった。
食べすぎでした(笑)。

2007.08.19

ローストビーフ

20070819230227


とろけるような味のお肉。
中トロのように、やわらかい。

コース、少ないかと思っていたらとんでもない。
すごいボリューム。

パンも焼きたて、とてもおいしい。」

2007.08.19

前菜

20070819230102


ほたてと、スモークサーモンと白身魚の刺身。

たっぷりの量です。

2007.08.19

鎌倉山

20070819230003


家族のお祝いで鎌倉山の本店にきました。

本当に山の上にあるの。


2007.08.11

由比ヶ浜

20070811140133


土曜日は家族で由比ガ浜に海水浴に来ました。

夫は暑い日には一番暑いところへ、寒いときは一番寒いところに行きたがる性格なので、こんな暑い日に海岸にいったら、日干しになっちゃうよ!と思う私とはかなりの温度差があったのですが、家族サービスと思い鎌倉まで来たのでした。

とにかく、暑い、暑い、暑い。。。。

でも子供達は喜んでましたよ。ひと夏の思い出です。

2007.08.05

白州次郎

20070805075617


You are the fountain of my inspiration and the climax of my ideals.
君こそ僕の発想の源、究極の理想だ。

そんなことばで口説かれたらどうします?
女だったら、一生に一度くらいこんなこといわれてみたいわ。

これは白洲次郎さんが当時婚約者だった正子さんに自分のポートレートと一緒に添えたことばだそう。そのとき26歳ですって。
でも何をしてもさまになるのが、このひと。いやみじゃないんだな。

1902年、明治35年に生まれ。神戸一中を卒業後、ケンブリッジ大学クレア・カレッジに留学。以後9年間ここで学び、完璧なブリティッシュ・スタイルを身に着ける。白洲流ダンディズムだ。

日本語より英語のほうが得意といわれるほどの語学力をいかして、戦後占領下の日本において、吉田茂首相の片腕として、GHQと折衝し、日本の復興に尽力する。

この間図書館にいったら、以前読んだことのあるこの本に目が止まった。なんだか、また手にしたくなり、一気によんだ。
といってもこの本は、写真が多くて、本当に雑誌のよう。でもその割には、彼の周辺のひとびとの彼に対する思い出がエッセイ風につづられていたり、とても読みやすい。

彼の人となりを知るには十分なくらいなのです。
白洲次郎 平凡社コロナブックス 

軽井沢の名門ゴルフクラブの会長になった彼は、ゴルフを愛し、マナーの悪い人には非常に厳しかったそう。

でも自分はせっかちで、PLAY FASTと書かれたTシャツを着てまわったんですって。これもイギリス風ユーモアね。

2007.08.05

クリストフル

20070805075613


先週はもうひとついいことがありました。

以前から欲しかったクリストフルのスプーンとフォークをついに手に入れることができました。

今直営店で値上げをしたばかりのようで、並行輸入で扱ってるところはどこも品切れ状態でした。あるところなんて8ヶ月待ちなんていわれちゃった。

やっぱり美しい、そのシルエット。
手にしたときの重さ、口にしたときの感じがとてもいいです。


2007.08.05

VIRON

20070805075120


先週は4日間仕事、そのうち1日は研修でした。
研修所は東京の八重洲口にあります。

で、この機会に周辺にあるおいしいパン屋さんをチェックして、丸の内のVIRONにいくことにしました。

昼休み、10分で食事を終わらせて、さんさんと日差してりつける東京駅周辺をパン屋めざして歩く女。。。絵になりません(笑)。

でもそのかいあって、バゲット、クイニーアマン、クロワッサン、あとバターと砂糖が小さな穴にたくさんはいっているパンを購入。

外国人の方もたくさんいらっしゃって、(というより私が買いに行ったときは外国人しか客がいなかった)、そとのテラスでエスプレッソを飲んでいる風景だけみると、そこはパリのようでした。

帰ってから、早速食べてみると、おいしさに言葉を失いました。
本当においしい、フランス風のバゲットです。クロワッサンです。

最近有名なフランス人シェフの名前を冠につけたブーランジェリーなんかも結構ありますが、正直、たいしたことないものも多い。

でもここのは、きちんとした正統派バゲットの味がしました。

私、やっぱりバゲットやクロワッサンが一番すきなんだ、と気づかせてくれました。

ここのパン屋さんではレトロドールというフランス産小麦を使っていて、過去パリ市のバゲットコンクールで10回中7回も優勝して、今もエリゼ宮に納品してるそうです。

うんちくがなくても、十分においしいバゲットでした。

VIRON MARUNOUCHI-ヴィロン・マルノウチ-

東京都港千代田区2-7-3東京ビルTOKIA・1F
Phone.ブーランジェリー・パティスリー03-5220-7288
ブラッスリー03-5220-7289

営業時間:ブーランジェリー・パティスリー10:00 ~ 21:00
ブラッスリー10:00~24:00



«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。