TOP > 2007年10月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.30

メゾン ド 雪の下

20071030060303


ドルチェにメゾンド雪ノ下のマカロンを、と思い、訪れました。

ここはサダハルアオキの店で修行をしたパティシエが開いたお店だそうです。マカロンにはエシレバターも使ってあって、やっぱり評判どおりおいしかったです。

繊細な味。マカロンの写真はぱくっと食べてしまったのでありません。。。

ほかにケーキも4種類ほど買い、みんなでたべました。
シュークリームもクリームが濃厚でとてもおいしかった。
ガトーショコラもチョコ系が苦手な私ですが、美味しかったです。
フルーツロールもスポンジが少し粗い感じもしましたが、生クリームがおいしかった。

そして、季節限定の栗とカシスのケーキは栗好きにはたまらない味。

絶対、また行くと思う(笑)。

★★★★。

今度はランチもためしてみたい。
スポンサーサイト

2007.10.30

ア リッチョーネ

先週の月曜日に鎌倉探索に出かけた。
今月はすでに鎌倉に来るのは、用事も含めて4度目。

最初に源吉兆庵の魯山人の美術館に行った。
魯山人の器は遊び心を感じて、とても楽しい。夏に日本橋三越で大規模な展覧会を開催していたが、ここからだいぶ借りていたらしい。

20071030060237


そしてお楽しみのレストランアリッチョーネ鎌倉へ。

ここは食材から自分の畑でつくっている、こだわりのスローフードレストラン。注文を受けてから作るので、1時間以上時間のない方はお断りします、という徹底振り。

やはりイタリアンとワインは切り離せない(笑)。白ワインで乾杯した。

20071030060241


前菜も食材のよさが引き立っていて、とてもおいしい。
ハムも手作りだって。

20071030060246

茄子とトマトのパスタ。
思わず、写真をとる前に食べてしまった。

20071030060247

きのこのピザ。うすーい、ぱりぱりの生地だ。
きのこは粉のようになっていた。

20071030060249

メインは近くで取れた鯛のグリル。
鯛の焼き加減が上手なので、ふたりで感心。皮もぱりぱりでとてもおいしかった。

接客の方もとても感じがよくて、ワインもおいしくて、おしゃべりも弾んですっかり長居してしまった。

とってもとっても楽しかったよー。

今度は家族と行こうかな。

★★★★。参考までに食べログの評も張っておきます。

2007.10.21

ポワン エ リーニュ

20071021070308


新丸ビルに入ってるパンやさん。

フランス語で点と線という意味にぴったりなまーるいパンと細長いパンが売ってました。

どれも割りと小ぶり。でもパン生地がもちもちしてて、とても美味しかった。

子供達にも大好評でした。

★★★★です。(しばらく★でお気に入りをあらわすことにします)

ポワンエリーニュ

2007.10.21

イル ギオットーネ

20071021070233


この前の火曜日、お友達と丸の内のイル ギオットーネにランチに出かけた。京野菜を使ったイタリアンのお店で、予約がなかなか取れないという。最近日本橋三越にもお店をオープンした。

コースは3つで、席を予約するときは3500円以上でないとだめだという。どれもコースはフィックスで、前菜、メインなどを好きなもので選ぶことはできない。

前菜は豆乳のプリンのようなものに、たまねぎを炒めたもの。

200710210702352


すぐきのパスタ。

20071021070235


ほたてときのこのバルサミコソースがけ。

20071021070252


地鶏のグリル。

20071021070253


ティラミスとアイスクリーム。

私的には星★★★。

ちょっと厳しいことを書くが、味よりも接客の稚拙さが際立っていて、そちらが気になってしまった。まだ東京はオープンしたばかりなので、店もこれから育っていくのだろうか。でもスタッフがよくないと、やはり人は離れていってしまうと思う。

私達は食事をするとき、味だけでは店を選ばない。その場所に流れている空気というか、雰囲気。いい店にはいい雰囲気が流れていて、それにひかれてまたきたいな、と思うのだ。



2007.10.14

鎌倉 菊一

20071014152443


今日一番の収穫は、以前から欲しかった包丁です。

菊一は明治35年創業の老舗の打刃物・刀剣専門店。
以前から、包丁は欲しかったのですがまさか今日出遇えるとは。。。

鋼のものなので、手入れが必要です。
お店に持ってくれば、研いでくれるとのこと。アフターメンテナンスもばっちりです。

さっそく使ってみたのですが、包丁ってこんなによくきれるんだー(ほれぼれ)。
どれだけ切れない包丁使ってたの!と突っ込みが入りそうですが、
大事に、大事に使おうと思います。

2007.10.14

パラダイスアレイ

20071014152301


逗子を後にし、その後鎌倉へ。

歩いて歩いて、江ノ電にものって何件雑貨屋さんを回ったか数えきれなくなるほど歩いた後、空腹に耐え切れなくなった私はパラダイス・アレイに向かったのでした。

ここは鎌倉市農協連即売所内にあるカフェです。
お隣に鎌倉シフォンのお店があります。

ここのパンも「うーん」とうなりたくなるくらい、おいしいです。
レゲエなお兄さんとお姉さんが接客してくれます。

持ち帰りがメインなのかな、店内は7席くらい?

写真はピザで、野菜のピザとジャガイモのピザです。

コーヒーもとても美味しいです。

2007.10.14

わかなぱん

20071014143218



わかなぱん
は逗子駅から歩いて10分以上あるかなー。結構遠かったです。

こちらは、なかもとわかなさんという方が、水木金土だけ営業しているカフェです。

オーガニックレーズンからとった自家製天然酵母と契約栽培の国産小麦、オーガニックのライ麦、天然塩、天然水だけでつくる素朴なパン。パンには、油脂、バター、卵、糖類は使っていません。ご主人とお子さんがアトピー・アレルギーであったことがきっかけだったそうです。
こころにもからだにも美味しい食べ物を食べたい、素性のはっきりした食材をというこだわりがあります。

でもね、理屈じゃないの。

ここのパンを食べたとき、素直にからだがよろこんでるのが、わかる。
ほわわわわーん、とからだがゆるむの。

これって私的には、最大級の賛辞(笑)。

20071014141844


写真はチェリークラフティです。

これも、とても美味しくて感動いたしました。

ちなみにパンの販売は金曜日と土曜日のみだそうです。
おねえさんたちの接客もグーです。

また、行きたいな。今度はランチを食べたいです。

2007.10.14

Coya

20071014141846


お久しぶりです。
2週間ぶりの更新になってしまいました。

この2週間もいろいろあって、書きたいこともあるんですが、あまりに時間があきすぎてしまうとそのタイムラグがさまざまな感情などのみこんでしまって、結局「。。。ま、いいや」となってしまうわけで(笑)。

やっぱりブログはリアルタイムが一番ですね。

で、一番最近の出来事から。
金曜日に逗子・湘南の雑貨屋さんや、美味しいパン屋さんをめぐってきました。

根元きこさんのお店であるcoyaにいってきました。

古い民家を改良したつくりで、そこだけ時間がとまってしまっているような気がしました。
おいてあるものもシャビーなもので、彼女の審美眼あふれるものです。
私はシャビーなものが特別好きではないので、「ふうう--ん」という感じだったのですが、ひとつオリーブの木でつくられたお盆がとても気に入りました。
丈夫そうで木の光沢が美しいものでした。悩んで、今回は見送りしました。
でも、そのうち買ってしまうかも(笑)。

お昼も食べてみたかったけど、まだ早い時間だったので断念しました。

2007.10.01

クウネル

20071001002804


銀座特集と「料理上手の台所」を購入。

2007.10.01

…その他、買ったもの

20071001002700


必要なものばかり、気づくと買っていた。

水筒、バンダナ、コーヒー豆。

2007.10.01

箸置き

20071001002434


土曜日、チャーミング・セールでアントショップさんに行き購入。

前からほしかった、お花の形の箸置き。

ガラス製で、金とプラチナで模様が書かれている。

とてもきれい。

2007.10.01

野菜と餅巾着の煮物

20071001002334


茄子と小松菜は油でいためて、糸こんにゃくも加える。
だしとしょうゆ、みりんで軽く煮る。(めんどうなときは、めんつゆを薄めたものでもよい)

油揚げを半分にきって、中にやはり半分にきった餅をいれ、くちを楊枝でとめる。

野菜が煮えたら、餅巾を入れ、10分から15分程度煮る。(長すぎると餅がとけるので、注意)

おいしいよ。

2007.10.01

ルッコラとトマト

20071001002239


トマトはトマトらしい、しっかりした味がした。
こういうトマトは久しぶりに食べた。

ルッコラは、苦味が鮮烈で、おおげさでなく今まで食べた中で一番おいしかった。

ブリーと一緒にして、オリーブオイルと岩塩でシンプルにいただいた。

2007.10.01

産直野菜

20071001001933


しばらく前から無農薬・有機栽培野菜に興味があり探していたら、産直の野菜を配達してくれるサイトを紹介してもらった。

さっそくいろいろ検討し、まずは山梨県の小淵沢からオーガニック野菜を届けてくれる農家を見つけ、注文した。

楽しみに待つこと数日。

到着したダンボールには、ピーマン、ナス、小松菜、トマト、葉大根、水菜、長ネギ、ルッコラが入っていた。セットの中身はそのときどきで違い、値段も増減がある。今回は配送代込みで2400円。高いか安いかはそれぞれの考え方によると思う。

ただ、農薬を使わずに野菜を育てるということは並大抵の苦労ではないと思う。
特に今年は、暑さと少雨で虫害に悩まされているという。ひとつひとつ手で虫を取るという作業は、根気がいる、困難な作業だろう。

そんな生産者に思いをよせて、丁寧に調理し、感謝し、いただく。食について考える、ということをしたかったのだ。

野菜は期待に違わず、おいしかった。
感動した。
どれも濃い、それぞれが持つ特徴が引き立った味がした。




«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。