TOP > 2007年11月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.25

プレゼント

20071125173249


お誕生日プレゼントはジル・スチュアートNYのレギンスとバービーの長袖Tシャツにした。

ここの洋服はとても可愛い。

自分が気に入って娘に着せたくなってしまう。

うーん、親ばかだわ。
スポンサーサイト

2007.11.25

バースデーケーキ

20071125172740


ケーキは娘がデコレーションをしたがるのでいつも手作り。

フルーツが嫌いな娘は自分のすきなものだけでトッピングしたがるので、正直たいしておいしくない。

本人は大満足。チョコやマシュマロと生クリームだけのケーキ。

クリスマスの飾りも入って、何のお祝いかわからないけど本人が満足してるので、ま、いいか。

2007.11.25

キャンドル

20071125172728


コップに銀色のバラのキャンドルを浮かべておいた。

テーブルが華やかになる。

2007.11.25

娘の誕生日

20071125172705


連休は主人も帰ってきて、みんなで娘の誕生日のお祝いをした。

子供達が大きくなってくると、週末もそれぞれ予定があり調整するのもたいへんになってくる。

この1週間、プレゼントを買いにいったり、ケーキの材料をそろえたり忙しかった。

今日もバレエがあったので、午前中のうちにシチューの仕込みをしたりして忙しかった。

シャンパンは働いた自分へのご褒美(笑)。

2007.11.14

家計簿生活 その後

で、今なんですが、5,6年間目ともなると実はまじめにつけてません(笑)。
かろうじて、食費、水道光熱費、娯楽費などの流動費の部分の支出を記録することと、ボーナス時の使途の計算くらいです。

ある程度データの蓄積があるので、予算組みができることと、今はおもに記録として使っています。

家計簿を見るとその当時の生活がぱっとよみがえります。
日記帳以上に鮮明な記録です。

あと、今は必要なお金は必要な時期に集まってくると信じているからかもしれません。不思議とそういうものです。

あとアドバイスとしては他人と比較しないこと、かな。

標準的な家庭というのが存在しないように、それぞれの家によってライフスタイルが違うし、使うお金の価値観も違います。

お金の使い方は人格、生き方を表しています。

家計簿に縛られることなく、よりお金から自由になるために、健全な家計のために利用されるとよいと思います。

2007.11.14

家計簿

家計簿はずっとつけてました。
結婚してすぐから、途中お休みしたりしながらも、使った内容を記入するくらいはしてました。

でも本格的につけたのは、下にも書いたけど婦人の友社の家事家計講習会で家計簿の付け方をならってからです。

そこで自分の目からウロコだったことがらは、

1.ただつけてるだけでは、ほとんど意味がない。収支を計算し予算を  守れたかを見直す作業こそが一番大事。
2.目標がなければ、貯金はできない。何年後にいくらためたいかを設定し、そこから逆算して月々の貯金額を天引きにする。生活費はその額を差し引いた範囲で予算立てすること。
3.流動費(食費、水道光熱費、通信費など月々で支払いが変動するお金)を節約するのは当たり前。固定費(税金、家賃、保険、こどもの学校のお金)などでも見直せるものがないかを探す。

などでした。

で、この家計簿の特徴は予算組みはすべて年収ベースになっていて、それを12ヶ月に割ったもので月の予算を組みます。ボーナスなんかも全部組み入れるのね。普通の家計簿はボーナスはたぶん特別費などで組んであるんじゃないかな。

費目の分類がものすごく細かいのね。でも私はあまり気にしなかった。

予算通りに使えた年もあれば、うまくいかなかった年もありました。

ただよかったと思ったのは、家計全体の見直しに役に立っているということです。家を買うときに月々の支払いができるかなー、などは家計簿である程度シュミレーションできていたのでスムーズに行きました。

2007.11.11

月20万円貯めてた人のこと

仮にKさんとしておこう。

Kさんはあのころ30代前半の専業主婦でした。
3歳と5歳のお子さんがふたり。
ご主人の年収はたぶん600万から700万円くらい。若かったし、特別多くはない。

Kさんのすごいところは、とにかく物を買わない。
手作りする。もらう。
子供のおもちゃなんかはほとんど作ってたし、衣類はおさがり。
代用できるものは代用する、という哲学。

家の中は簡素、というか殺風景。物がない。とにかくない。
お掃除がしやすい。いつも、どこをみてもぴかぴか。

あこがれたのは、きれいな台所。いつもぴかぴか。
ものがないので、引き出しをあけても、どこをみてもがらんとしている。

さらにすごいのは、自分と家族の衣類やもっているものの総体量を把握していて、年間の予定で「靴下が何足だから、今年は1足買いたそう」とか、「財布が必要だから、今年は買おう」とかちゃんと予算組みしていた。

洋服は、持ってない。ほとんど持っていない。
着ていくところもないし、必要ないんだ。といって数枚のトレーナーとジーンズを着まわしていた。

さらにご主人もすごく質素なひとで、洋服にもお金をかけないし、散髪も1000円カットにいつもいってた。

お酒を飲みにいくこともほとんどないし、おこづかいも3万円で十分。

ここまで書いて、いったい何を楽しみにこの人たちは生きてるの?と思われたかもしれないけど彼女達はこういう生活をとても楽しんでた。

そして、ときどきは子供達とラグジュアリー・クラスのホテルに泊まってディズニーランドや遊園地にいったり、観光地を旅行したりして、めりはりのあるお金の使い方をしていた。

そして、冠婚葬祭などのお金はけちらなかった。

たぶん今は当時の倍くらいのお金を貯金してると思う。
そのうち現金でマイホーム買いましたってハガキが届くかな。

2007.11.10

モレスキン

20071110221617


ルミネの10%オフを利用して、来年の手帳と家計簿を購入した。

手帳はモレスキンのダイアリーにした。

手になじむ感じがいいなあ。
早く使いたい。

家計簿は今年で、5年目、6年目?の婦人の友社の家計簿。

もともとは友の会会員の友人が月間20万円ずつ貯金してるのに驚いて、一緒に家事家計講習会という家計簿のつけ方の講習会に参加し、はじめました。

友の会というのは羽仁もと子さんの創られた、婦人の友という雑誌の愛読者が会員になりはじまった家事や教育や環境について研究する団体ですね。1930年からはじまったんだそうです。羽仁もと子氏は自由学園を造り、クリスチャンでもあったそうです。

すごく正統派で、まじめな団体です。出ている出版物なども実際的で実務的で、正直地味だけど、長年の知恵がふんだんに入っていて私は好きです。

で、会員の方々はだいたいすごく堅実で、質素な暮らしぶりで私にはとてもまねできないのですが、良いところは参考にしようといまだにこの家計簿をつけてます。実際、自分もこの家計簿をつけて家計管理をはじめ、マイホームを持つことができました。

当時月間20万円ためていた友人も今はもっと貯めていることでしょう(笑)。おそらく現金でマイホームを買えるんじゃないんでしょうか。世の中にはいろんな人がいます。

すごい。ただすごい、と感心します。

2007.11.10

バッグ

20071110221349


最初はネイビーを買おうと思っていたんだけど、結局タートル(亀さん色)にした。

このバッグの大きさが気にいったんだけど、この形にはネイビーはなかったから。

バッグを選ぶのって、なかなか難しい。
まず、収納力。中に入れるものに合わせての大きさを調べないとね。

今回は通勤用で、水筒(350cc)と着替えのブラウスを入れられる大きさがよかったの。あとは財布と手帳、携帯、文庫本、化粧用ポーチくらい入ればいい。


あとは全身のバランス。私はあまり背が高くないので、バッグが大きすぎるとバランスが悪い。普段もあまり大きくないものを持っている。

トートタイプのものもあって、デザインが可愛くてひかれたんだけど、店員のお兄さんいわく「これはまちがほとんどなくて、まちのボタンをはずすと広がるんですが、重いものを入れると形がくずれちゃうんですよ。」って自分のところの商品なのにそんなにデメリットをいっていいのかい?ってくらい正直に語ってくれて、その正直さが気に入り、結局お兄さんおすすめのデザインにした。

私が買ったものは定番だから、彼も自信をもってすすめてくれた。

きっとお気に入りになるよ。
フェリージだ。

2007.11.10

フェリージ

20071110135705


今日は渋谷まで買い物に来た。

結局、娘は昨日も学校を休んだがすっかりよくなり、今日は土曜日だが学校がある。

ルミネも10%オフだし、以前からねらっていたフェリージのバッグを買おうと思った。

選択肢はふたつ。

横浜のルミネのユナイテッドアローズで購入。

または夫のクラブオンカードのポイントが使える西武で購入。
1万円くらいあるので、ぜひ使いたい。
フェリージが西武で入ってるのは、渋谷だけ。
ちなみにクラブオンカードのポイント交換は西武でしかできない。
でもそごうでも使える。
そごうでも西武でもポイント交換くらいできるようにしたらいいのに。

それってまるで銀行が統合したけど、繰越は統合前の店舗でじゃないとできないのに似てる。
(たとえば三菱東京UFJ銀行で通帳繰越をたのむと、UFJ銀行で口座を開設した通帳は旧UFJ銀行でないと繰越できない。旧三菱銀行ではだめなわけね。ATMではどちらでもできるのだろうか?すごい不便なんだけど。)

で、最初にルミネを下見。
うーん、ぴんとくるものがないなあ。

東横線にのり、渋谷まで移動。
雨のそぼ降る中、慣れない渋谷の街を歩く。

西武についたが、がらすき。週末なのに、大丈夫かあと余計な心配までしてしまう。西武百貨店にくるのは、自分もすごい久しぶり。

ポイントを商品券に変えてもらい、結局ここで買った。
店員のお兄さんも感じのいい人で、いろいろアドバイスしてくれていい買い物ができたと思う。

黄色の紙袋にふたつもリボンを結んでくれて、かわいいラッピング。


2007.11.08

風邪

20071108224159


何も予定がなかったので、のんびりしようなんて思っていたら娘が風邪をひいた。この近所で今喉の痛みと吐き気にくる風邪がはやっているらしくその日もクラスで4人もお休みがいたそうだ。

娘はとても丈夫で、前期は「1日も休まなかったで賞」という皆勤賞をもらっていた。後期もパーフェクトをねらいたかったらしく、絶対休みたくない!としつこくいっていたが、熱があったり、風邪をひいているときはお友達にうつしてしまうので行ってはいけないと辛抱強く言い聞かせたらやっと納得した。でもかなり悔しそうだった。

夜になったら苦しいらしく咳き込んで1時間おきに目をさましていた。

朝医者に連れて行って、咳止めと気管支拡張薬をもらったらだいぶ楽になったらしい。

この3日間はオープンスクールだったので、昼間、息子の授業をほんのすこしだけ見に行ってきた。といっても、1年生などと違い見学者は自分しかいなかった。

明日は仕事だけど、元気になるかしら。

やっぱり元気なのが一番だ。

2007.11.07

リース

20071107120946


友人が手作りのリースを持ってきてくれた。

秋らしくて、素敵。
最初家の中で飾って楽しんだあと、玄関に置くことにした。

今日は貴重な何も予定のないお休み。
出かけたいところもあったが、家でのんびりすることにした。

鉢植えの植替えもしたいな。

2007.11.04

お稽古

20071104142827


娘はRADのバレエの教室に通っている。
RADとはロイヤルアカデミーオブダンシングの略で、イギリスのロイヤルバレエ団のメソッドだ。

で、年に1度春にそこの資格試験が行われる。
来年はじめてそれを受けるのだが、そのために通常の週1度のレッスンのほかに、月に2回試験対策用のレッスンを受けに土曜日に平塚まで通うことになった。先月から。

経済的な負担も増えたが(苦笑)、まだ小さいので送り迎えをしなければならずそれもけっこうたいへんだ。

1レッスン1時間程度なのだが、その間どう時間をつぶすかも悩むところ。(見学はできないので)

子供の成長にともなって、親の負担や悩みも変化していく。

家族がいるからこその贅沢な悩みか(笑)。

自分の時間はとられるが、子供達の成長を見守るのはとても楽しく幸せなことだ。

平塚在住のかた、ぶらっと出かけたりお茶したりするのにいいところがあったら教えてね。

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。