TOP > 2009年10月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.28

気持ちをむけること、こころをこめること

この下の記事の補足です。

私は食事に関しては一番大切なのは、一緒に食べる人に気持ちをむけることだと思っています。
内容は2番目。

「今日は何があった?」「私はこうだったよ。」
「疲れたね。たいへんだったね。お疲れ様」
「それはよかった。楽しかったね。」

そんな風に会話しながら、相手の反応を観察して、一緒に笑ったり泣いたりしていれば、料理が100点でなくても、冷凍食品でも、コンビニの弁当でもOKなのではないかなと思います。(毎回だと困っちゃうけど)
料理が苦手なひともいるし、いろいろな事情で手間をかけれない人もいらっしゃる。
「今は忙しいからだめーー!」という人もいるでしょう。

そういう人も自分を責めたり、義務感や負担につぶれそうになったりしないでほしい。
下の中学生の母親がどんな状況だったかはわからないけど、手間をかけた料理でなかったとしても子供にできるかぎり心をむけていれば、料理以上に伝わるものもきっとある。もしかしたら、自分に目をむけていない、ということを子供は敏感に感じ取っていたのかもしれない。

あまり完璧をめざさず、できる範囲で楽しんで。
でも家族への愛情だけは手を抜かなければ、きっと大丈夫。
一緒に頑張ろう!





スポンサーサイト

2009.10.27

クロワッサン

11月24日に発売されたクロワッサンの最新号に、料理の師匠であるたなかれいこさんと文化人類学者辻信一さんの対談記事が掲載されました。

仏映画「未来の食卓」をみて日本のオーガニック事情は?という記事です。映画「未来の食卓」は村の給食センターでまかなうすべての学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにしようと決意した村長と村人の葛藤と変化を描いたドキュメンタリー映画です。

今回のクロワッサンの特集も使っていますか?良質な食材
で厳選された食材や調味料などの記事がいろいろ載っています。

れいこさんは本当においしいものをおなかいっぱい食べること、といいます。本当においしい、とは細胞レベルで体が満足できるもの、きちんと育てられた食べ物をしっかりとれば、理屈ではなく体の深いところから満足する。オーガニックが広まらないのは、食材が高いからと思われていますが、実は本当においしいものを経験していないから、選ばないのでは、とおっしゃっています。そして、養殖の魚や農薬を使った大量生産の野菜や化学物質だらけの加工食品が当たり前と思っている限り、本物を選ぼうとしない。それが本当の原因だ、とおっしゃっています。

れいこさんのインタビューを読んで、自分はまだまだ「頭で食べている」なぁと思いました。
本当に感覚的なもの、からだがよろこぶものは経験からしか学べないので、もっともっと研ぎ澄ましていきたいなぁ。

少し前に諏訪中央病院の院長先生、鎌田實さんの記事を新聞で読みました。
中高生に弁当の日というのを広めているそうで、自分と自分の好きな人にお弁当を作る日をもうけよう、というもの。その中で手つきもよく弁当を作っていた生徒が母親のために作った弁当を紹介していた。すべて冷凍食品、というもの。生徒は自分は母親に手間をかけた料理を作ってもらった記憶がない、だから自分も母親にはこれを食べさせたいという。自分は手間をかけてもらうに値しない人間なのか、という思い、うらみ。これがその弁当を作らせたという。先生はいつか生徒が復讐ではなく、母親のために心をこめた料理を作ってほしいと願っているという。

食べるものと心とからだは深くつながっている、としみじみと思う。

thumb1.jpg
表紙は辰巳芳子さん

話は変わりますが、お弁当がマンネリなのでそれを打開するためにお弁当の本を買いました。

516085YWB6L__SL500_AA240_.jpg
クウネルの本 私達のお弁当 マガジンハウス

47人の方の毎日のお弁当が紹介されています。年齢や職業もさまざまです。どれも美味しそう。レシピはあまり詳しく紹介されていません。でも「これ、やってみよう」「おいしそう」とお弁当作りのモチベーションをあげるのは最適の本です。

2009.10.22

季節の料理教室 ichi ここから 10月の教室

秋晴れの良いお天気でした。
今日は10月の教室をおこないました。

献立はガトー・オランジュ、いくらの醤油漬け、さつまいもと小松菜の煮物(612オリジナルレシピ)です。

DSC_07770001.jpg
もともとはこのBRUNETというフランスのジャムにほれ込んだのが、このお菓子のはじまりでした。
スライス・オレンジがぎっしりと入っていて、さらにスコットランド産のコニャックまで入ってるんです。
とてもおいしいの。で、これを何かお菓子に利用できないかなー、と思ったのがこのガトー・オランジュです。きざんだオレンジと上にはスライスオレンジものせ、オレンジの風味たっぷりです。贅沢です。

発酵バターと国産の小麦粉も使ってます。たまごも多いので、しっかりとしています。
手土産などにしたら、喜ばれるのではないでしょうか。

DSC_07680001.jpg
焼きあがったところ
DSC_07740001.jpg
切ったところ。あまり重くないケーキです。

続いていくらの醤油漬け。
DSC_07700001.jpg
今は生すじこが出回っていますね。でもこの期間はとても短いのです。その間にいくらの醤油漬けをつくりましょう自分で作るとたっぷり食べられますし、塩分の調節もできますよ。

やってみると意外と簡単。私は一腹くらいなら10分くらいでできますよ。なれなくてもichi流の作り方なら20分くらいでできます。さわってみて「アチチ」というくらいのお湯(50度くらい)ですじこをほぐし、薄皮をはがします。ここは手早くやってくださいね。ほぐれたらざるにあげ、冷水でなんども水を替えながら水が白くなくなるまで洗います。10回くらいでしょうか。最後ざるにとり水を切り、こぶだしと醤油を半々にしたもので一晩漬けます。一腹(200-300g)なら50ccづつくらいかな。一晩たって味をみて、塩味が足りないようでしたら、お好みで醤油を足してください。これでおいしいいくらのできあがりーー!
DSC_07710001.jpg
最後は旬のさつまいもと小松菜の煮物です。昆布と煮干でとっただしで煮てしあげに醤油で味付けします。シンプルだけど、おいしいです。素材の味がよくわかります。

DSC_07730001.jpg
いただきまーーーす!

次回の教室は12月3日(木)を予定しています。はじめての方の参加もお待ちしております。

2009.10.18

フリーマーケット

昨日は秋晴れの良いお天気でした。

恒例のマンションのフリーマーケット&秋祭りがあり、友人達と不用品をもちより毎年出店しています。今年は全然前準備をしてなかったので、当日午前2時半まで値段付けなどしてました。。。

毎年とても盛況で、友人が出していたプラレールコレクションなどは即完売。
私も息子や娘の着なくなった服などを出して、ほぼなくなりました。

単価は低いので、売上額自体は3千円くらいだったかな?
お昼宅配ピザを頼んだら、ほぼなくなりました。

でも、娘のこれから着る洋服やブーツ、靴などをいろいろ買っても千円もしないで手に入れることができました。どれも状態がいいもので、ギャップやネクストなどの可愛らしいものでした。

そして自分はボダムのマグカップ未使用品2客セットで200円で手に入れました
DSC_07580001.jpg

やはり未使用品のキャニスター1300mlのものを2個セットで50円。
DSC_07610001.jpg
煮干やだしをいれようと思ってます。

人にとってはいらないものでも、自分にとっては欲しい物。
フリーマーケットって楽しくて大好きです。

2009.10.18

枝豆

DSC_07570001.jpg

ファームから野菜が届いた中に、枝豆があった。
枝豆って夏のイメージが強いけど、本当は9月から10月くらいがおいしいというのを知った。

おいしい、がつまった枝豆。
普通に塩茹でにしたけど、食べ始めたら止まらなくなりました。。。

2009.10.10

季節の料理教室 ichi ここから 10月の教室

季節の料理教室 ichi ここから 10月の教室
日時:10月22日(木) 11時から13時
場所:横浜市栄区 (最寄り駅JR大船駅) 詳細は申し込まれた方にご連絡いたします。
費用:3000円(材料費、お土産代込)

作ったものを試食しながら、楽しい時間をお過ごしください。
開催は不定期ですが、1-2ヶ月に1回程度を予定しています。

ご興味のある方はメールフォームか、コメント欄の非表示(Not Display)にチェックし、お名前、連絡先、メールアドレスをご記入の上お申し込みください(先着順)。こちらより詳細を連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。

10月の献立は
ガトー・オランジュ
主菜(一品)
副菜(一品)

です。今回はメインディッシュなどは当日にお知らせします。
季節にあったレシピを考えています。

お申し込みお待ちしております。


2009.10.10

おいしいヒミツ

518W1JT9X9L__SL500_AA240_.jpg

おいしいヒミツ 高橋みどり著 メディアファクトリー刊

この前友達の家に遊びに行ったとき、トイレにこの本が置いてあった。
よくみたられいこさんが載ってて、貸してもらったので、わくわくしながら読んだ。

そういえば、この本612にもさりげなく置いてあったことを今思い出した。

高橋みどりさんはスタイリストで612教室の生徒でもあった人。
人気の料理研究家5人をとりあげ、それぞれに「あなたにとって食事とは?」「おいしいとはなんですか?」と尋ねている。写真もきれいだし、それぞれの方のレシピも載っている。

バックグラウンドも違うし、答えもみんな違う。
それが面白いな、と思った。

れいこさんのように素材に徹底的にこだわるひともいれば、食事を特別なものとしたくないので普通のスーパーで買える素材にする、という答えのひともいる。

みんな、違う。受け取る側の私達も、それぞれ違う。
私は選択肢がいろいろあるのは、幸せなことだと思う。

あとはそれぞれが自分に合うものを、心をこめて探していけばいい。

2009.10.10

岩崎 恭子 ガラス展 -ambiguous-

dmpic091008.jpg

先日の台風の日の午後、Gallery 銀座一丁目に岩崎恭子 ガラス展 ambiguous に行ってきました。

恭子さんとは20歳くらいからのお付き合いで、早稲田のあるサークルで一緒でした。
ふたりとも早稲田じゃないけど(笑)、その後もおつきあいは続き、のんびりゆっくり、ときどき会ったり、年賀状のやりとりをしたり、ブログにコメントをお互い寄せたりしながら日々が過ぎていきました。

先日この個展の案内ハガキをいただき、ひさしぶりにお会いすることができました。
たぶん、10年ぶりくらいだったかも。
でも色白でおっとりした話し方の恭子さんはお変わりなく可愛らしくて、とても懐かしくあの当時を思い出しました。

ふきガラスはもう15年も続けているそうで、やはり継続は力なりですね。
恭子さんらしい、クラシックで品の良い作品がたくさんありました。

私は一輪挿しの花瓶を家に持ち帰ることにしました。

DSC_07450001.jpg

こんな風に飾ってます。

13日(火)まで開催されてますので、銀座まで行かれる方はぜひお立ち寄りください。

2009.10.08

鮨大内

20091008091559200910080916212009100809122320091008091232
20091008091244200910080913022009100809132020091008091526
200910080915382009100809155220091008091215


先週の土曜日、612教室主催の食事会に行った。
通常私は夜外出することはあまりないのだが、れいこさんがこちらのおすし屋さんと懇意にされていて、以前から「おいしいわよー、おいしいわよーー。」と呪文のようにおっしゃってたので、この機会にぜひいってみようと思い、期待を胸にふくらませ、その日を楽しみにしていた。

会場の鮨大内はこじんまりとしたお店だが、大内さんの食に対するこだわりを隅々まで感じさせてくれるここちよい空間だ。店長の千野さんの気配りもとても気持ちがいい。

まずは日本酒、焼酎、ビール?どの飲み物もおいしそう。私は岐阜の地ビールした。
こっくりとした味。

そしてまずはさしみの盛り合わせ。食いしん坊ばかり集まったこの会では、みんなの目が期待でいっぱい、皿に注がれている。そして、味はもちろん絶品。すべて天然。大内さんがその時期のよりすぐりばかり集めてきてくれている。

私、人生観変わりました(笑)。いや、冗談じゃなく。
こんなおいしいものが、あるんだ。私が今まで食べてたものってなんだったの?
すしじゃなくて、すしもどき?こんなに違うんだ!という驚き。

「これがわかるひとが、いないのよ」とさびしそうなれいこさん。
「不景気で自分でお金をだして食べに来てくれる人が減ったんです。安いもの、安いものってね」と大内さん。

確かに1万円は、簡単に払える金額ではない。でも、これだけの感動。これだけの喜び。
すし職人としての誇りを感じさせてくれる鮨に出会えて、決して高くはない。

家族で誕生日や記念日に来たいな、とか仕事の区切りに来よう、とか思えばまた人生にいろどりが増えるではないですか。

もし人類最後の日がきたら、または死にたいほど絶望した日がきたら、ここに鮨を食べにこようと決心しました(笑)。人生はまだ捨てたもんじゃない、って思わせてくれる。ここのお鮨にはそれだけの価値があるよ。わかるひとには、ね。

食いしん坊ばかりの会は、とても楽しい時間でした。たくさんしゃべって食べて。。。4時間もいました。
ちなみに昼間も営業されているみたいです。

2009.10.07

ガトー・オランジュ

DSC_07300001.jpg

10月の料理教室でガトー・オランジュを作ろうと思って試作品をつくりました。
BRUNETのコニャック入りママレード大好きで、これを使ったお菓子を作りたかったの。

国産の小麦粉を使い、発酵バターとこのなんとも贅沢なママレード。
材料費かかってます(笑)。

DSC_07350001.jpg

お酒は効いてるけど、重くないです。
手土産などにも喜ばれます。



2009.10.07

野球観戦

少し前になりますが、シルバー・ウイーク中に横浜スタジアムでの阪神対横浜の試合の招待券をいただき、見に行ってきました。人生初プロ野球観戦。

もらった券はオーナーズ・シートというとても良い券で、ベイスターズベンチの真上にあり、選手の顔まではっきりみることができました。ファンだったらたまらないだろうな。
私はにわかファンになって息子と楽しみました。

試合は横浜の勝利でした。来期はぜひぜひベイスターズに頑張ってほしいです。
写真たくさん撮ったのよ。

DSC_06790001.jpg
DSC_06850001.jpg
DSC_06870001.jpg
DSC_06900001.jpg
DSC_07000001.jpg
DSC_07040001.jpg

2009.10.07

SALEで買ったもの 2 

DSC_07250001.jpg

AVEDAのパドルブラシ。
エアーが入っていて、頭皮マッサージができるというものです。
重みがしっかりあって、大き目のブラシです。

これも10パーセントオフでした。

2009.10.07

SALEで買ったもの 1 (食器)

お久しぶりです。
10月もはや、2週目です。ずっと天気が悪いですね。

この前チャーミング・セールで買った食器類です。むふ。
これらのせいで今月家計は苦しいけれど、心は満たしてもらってます(笑)。

DSC_07220001.jpgDSC_07210001.jpg
DSC_07170001.jpg
DSC_07180001.jpg
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。