TOP > 2009年10月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.22

季節の料理教室 ichi ここから 10月の教室

秋晴れの良いお天気でした。
今日は10月の教室をおこないました。

献立はガトー・オランジュ、いくらの醤油漬け、さつまいもと小松菜の煮物(612オリジナルレシピ)です。

DSC_07770001.jpg
もともとはこのBRUNETというフランスのジャムにほれ込んだのが、このお菓子のはじまりでした。
スライス・オレンジがぎっしりと入っていて、さらにスコットランド産のコニャックまで入ってるんです。
とてもおいしいの。で、これを何かお菓子に利用できないかなー、と思ったのがこのガトー・オランジュです。きざんだオレンジと上にはスライスオレンジものせ、オレンジの風味たっぷりです。贅沢です。

発酵バターと国産の小麦粉も使ってます。たまごも多いので、しっかりとしています。
手土産などにしたら、喜ばれるのではないでしょうか。

DSC_07680001.jpg
焼きあがったところ
DSC_07740001.jpg
切ったところ。あまり重くないケーキです。

続いていくらの醤油漬け。
DSC_07700001.jpg
今は生すじこが出回っていますね。でもこの期間はとても短いのです。その間にいくらの醤油漬けをつくりましょう自分で作るとたっぷり食べられますし、塩分の調節もできますよ。

やってみると意外と簡単。私は一腹くらいなら10分くらいでできますよ。なれなくてもichi流の作り方なら20分くらいでできます。さわってみて「アチチ」というくらいのお湯(50度くらい)ですじこをほぐし、薄皮をはがします。ここは手早くやってくださいね。ほぐれたらざるにあげ、冷水でなんども水を替えながら水が白くなくなるまで洗います。10回くらいでしょうか。最後ざるにとり水を切り、こぶだしと醤油を半々にしたもので一晩漬けます。一腹(200-300g)なら50ccづつくらいかな。一晩たって味をみて、塩味が足りないようでしたら、お好みで醤油を足してください。これでおいしいいくらのできあがりーー!
DSC_07710001.jpg
最後は旬のさつまいもと小松菜の煮物です。昆布と煮干でとっただしで煮てしあげに醤油で味付けします。シンプルだけど、おいしいです。素材の味がよくわかります。

DSC_07730001.jpg
いただきまーーーす!

次回の教室は12月3日(木)を予定しています。はじめての方の参加もお待ちしております。
スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。