TOP > スポンサー広告 > めぐりあう時間たちTOP > 映画 > めぐりあう時間たち

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.15

めぐりあう時間たち

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画
めぐりあう時間たち


おひさしぶりです。
2週間以上更新してませんでした。時間がたつのが本当に早く感じられます。。。

DVD見たので、感想を書きたくなりました。

それぞれの生きている時間も境遇も違う女達のそれぞれの1日を軸に、まったく絡み合わないかのようにみえたひとつひとつが、みごとに最後絡み合い共鳴していく。。。

不思議な余韻を残す作品です。

3人とも抑えた演技ですが、印象に残ります。自分の人生をみつめ、居場所を探す女達。
いったいいつから歯車が狂ってしまったんだろう?どうして?という声なき声が最初から最後まで聞こえてくるようです。

好き嫌いは分かれそうな作品。原作はピュリッツアー賞受賞マイケル・カニングハム。
「リトル・ダンサー」の監督です。

★★★半分。

ラストシーンでに印象に残った詩。

To look life in the face,
always to look life in the face,
and to know it for what it is.

At last, to know it, to love it for what it is, and then to put it away,
Leonard, always the years between us, always the years...,
always the love..., always, the hours
.


人生に立ち向かい、いかなるときも人生から逃れようとせず、あるがままを見つめ、
最後には受け入れ、あるがままを愛し、そして立ち去る。
レナード(夫)、私達の間には年月が、長い年月が、限りない愛と、限りない時間が。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。