TOP > スポンサー広告 > 大琳派展TOP > 美術 > 大琳派展

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.09

大琳派展

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ
20081109113822


先週の日曜日、上野に大琳派展を見に行きました。

今年は尾形光琳の生誕350年だそうです。琳派という名のように、光琳は琳派を代表する作家です。
しかし、琳派は狩野派や四条円山派などのように、世襲製の画派ではなく、光琳が本阿弥光悦、俵屋宗達に私淑し、その光琳を酒井抱一らが慕うという特殊な形で継承されてきました。

つまり、美があらたな美を生み、継承し変換されて連綿とつづいたということです。

そしてこの至宝の数々が上野に集うということで、わくわくした気持ちを抑えきれずにはるばる秋深まる上野公園に向かいました。

夕方が比較的すいているとネットにでていたのですが、それでも結構な人出でした。

館内に足を踏み入れると、圧倒的な美の世界でした。
あまりの美しさにしばしわれを忘れ、正直このままここの空気になってしまいたい、と思わせるほどでした。

たったひとりで静かに喜びを感じる時間でした。

16日まで開催されています。

大琳派展
スポンサーサイト

COMMENT

気になってました

私も気になってました。
よかったんですね☆
洋画ばっかなのでたまには和に触れたいなと
思ってました。日程的に厳しいので今回は無理かもしれませんが・・・。
今度、藤田嗣治展に絵画好きのお友達といってきます。

2008.11.11 | URL | ミポジン #- [ 編集 ]

ミポジンさん、

美術への最初の興味は洋画から始まりました。最近はどちらかといえば和のものへの興味のほうが深いです。でもどちらも好きです。

藤田嗣治いいですね!私は今度は古伊万里の展覧会に行きたいです。

2008.11.13 | URL | agathe #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。