TOP > スポンサー広告 > 祝婚歌TOP > 心に残ったこと > 祝婚歌

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.12

祝婚歌

昼間テレビをあまり見ない自分ですが、たまたまつけたらこの詩の朗読をしていた。
じーーん、と胸があつくなったのでここに貼っておきます。


これから結婚する若い夫婦のために贈る詩だそうです。

祝婚歌

吉野 弘


二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派過ぎないほうがいい

立派過ぎることは

長持ちしないことだと

気づいているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい


完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

二人のうち どちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気づいているほうがいい

立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には色目を使わず

ゆったりゆたかに

光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと胸が熱くなる

そんな日があってもいい

そしてなぜ 胸が熱くなるのか

黙っていてもふたりには

わかるのであってほしい


。。。結婚って本当にそうなのです。私は真面目なので(笑)、つい真実をついてしまったり、正義感をふりかざしてしまったりすることがあるのですが、それではだめなのです。

それは子供なのです。見てみぬふりをしたり、やりすごすことも、うけいれることも大事なのです。

そして、いつか「お互いよく頑張ったね」となぐさめあえる戦友のような夫婦になりたいのです。。。


スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。