TOP > スポンサー広告 > なぜ粗食が体にいいのかTOP > > なぜ粗食が体にいいのか

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.02

なぜ粗食が体にいいのか

51MlzBzYkNL__SL160_AA160_.jpg
なぜ粗食が体にいいのか 食生活ここだけは変えなさい 幕内秀夫 帯津良一 著 知的生き方文庫 三笠書房 

幕内秀夫氏は管理栄養士で長年民間食療法の研究をされていて、現在はいくつもの病院で患者さんに食事指導をしたり、病気や健康に役立つ実践的な食療法の第一人者として新聞・雑誌などでも活躍されています。彼の食指導に関しては米を食べること、水・調味料・素材にこだわること、カロリーや塩分、栄養のバランスなどにこだわりすぎないこと、などどれをとっても特別なことではなく、まっとうな、当たり前のことです。

ただここにたどりつくまでの日々の研鑽、努力、実践に関しては涙がでるほどのものがあります。10年間は食療法の世界にどっぷりつかり何が正しくて、何が間違っているかを探ると決心し、山ほどの本を読み、いいといわれるものは自分で実践してきました。(尿療法にも涙ながらにトライして、半年ほど実践して断念したそう。)そして悩んで、つまづいて、迷って、最後にたどりついた結論が「道の真ん中を歩く」「正しい食生活なんてわからない。間違わなけれはいいんだ」ということ、つまり当たり前の中にこそ正解があるのだということ。

マクロバイオティックだのゲルソンだのは、むろん効く人には効きます。ただあまりにも制限があるので本当に続けられるのは1000人中3人くらいだし、長く続けると栄養失調になったり体に悪影響が起きると彼は主張します。それは実際に現場で患者さんと接している彼こその説得力のある見解だと思います。

物事を公平に見ていて、患者さん本意な点にも好感がもてました。

ホリスティック
ホリスティック医学入門 がん治療に残された無限の可能性 帯津 良一著 角川書店

帯津先生は外科医として、半世紀近くもガン治療とかかわってきました。そのなかで西洋医学の限界を感じ、しかし、西洋医学を否定しない代替療法を模索し、西洋医学と民間療法、代替療法の融合を唱えてきました。人間をまるごと診る、心、体、生命をまるごととらえるというホリスティック医学を志しているそうです。

先生は、正直かなりいっちゃってる人だなあと思いましたが(笑)、とても魅力的な人です。
生と死を長年見つめてきた人のことばはとても深いものがあります。かなりおすすめです。


スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。