--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.08

鮨大内

20091008091559200910080916212009100809122320091008091232
20091008091244200910080913022009100809132020091008091526
200910080915382009100809155220091008091215


先週の土曜日、612教室主催の食事会に行った。
通常私は夜外出することはあまりないのだが、れいこさんがこちらのおすし屋さんと懇意にされていて、以前から「おいしいわよー、おいしいわよーー。」と呪文のようにおっしゃってたので、この機会にぜひいってみようと思い、期待を胸にふくらませ、その日を楽しみにしていた。

会場の鮨大内はこじんまりとしたお店だが、大内さんの食に対するこだわりを隅々まで感じさせてくれるここちよい空間だ。店長の千野さんの気配りもとても気持ちがいい。

まずは日本酒、焼酎、ビール?どの飲み物もおいしそう。私は岐阜の地ビールした。
こっくりとした味。

そしてまずはさしみの盛り合わせ。食いしん坊ばかり集まったこの会では、みんなの目が期待でいっぱい、皿に注がれている。そして、味はもちろん絶品。すべて天然。大内さんがその時期のよりすぐりばかり集めてきてくれている。

私、人生観変わりました(笑)。いや、冗談じゃなく。
こんなおいしいものが、あるんだ。私が今まで食べてたものってなんだったの?
すしじゃなくて、すしもどき?こんなに違うんだ!という驚き。

「これがわかるひとが、いないのよ」とさびしそうなれいこさん。
「不景気で自分でお金をだして食べに来てくれる人が減ったんです。安いもの、安いものってね」と大内さん。

確かに1万円は、簡単に払える金額ではない。でも、これだけの感動。これだけの喜び。
すし職人としての誇りを感じさせてくれる鮨に出会えて、決して高くはない。

家族で誕生日や記念日に来たいな、とか仕事の区切りに来よう、とか思えばまた人生にいろどりが増えるではないですか。

もし人類最後の日がきたら、または死にたいほど絶望した日がきたら、ここに鮨を食べにこようと決心しました(笑)。人生はまだ捨てたもんじゃない、って思わせてくれる。ここのお鮨にはそれだけの価値があるよ。わかるひとには、ね。

食いしん坊ばかりの会は、とても楽しい時間でした。たくさんしゃべって食べて。。。4時間もいました。
ちなみに昼間も営業されているみたいです。
スポンサーサイト

COMMENT

すごい贅沢だなぁ。でも、かなり羨ましい。
でも、一度くらいはそういう経験しないとね。

2009.10.08 | URL | yayoi #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yayoiさん、

おいしかったよーーーv-238
貴重な経験でした。

2009.10.09 | URL | AGATHE #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。