TOP > スポンサー広告 > クロワッサンTOP > 家ごはん > クロワッサン

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.27

クロワッサン

11月24日に発売されたクロワッサンの最新号に、料理の師匠であるたなかれいこさんと文化人類学者辻信一さんの対談記事が掲載されました。

仏映画「未来の食卓」をみて日本のオーガニック事情は?という記事です。映画「未来の食卓」は村の給食センターでまかなうすべての学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにしようと決意した村長と村人の葛藤と変化を描いたドキュメンタリー映画です。

今回のクロワッサンの特集も使っていますか?良質な食材
で厳選された食材や調味料などの記事がいろいろ載っています。

れいこさんは本当においしいものをおなかいっぱい食べること、といいます。本当においしい、とは細胞レベルで体が満足できるもの、きちんと育てられた食べ物をしっかりとれば、理屈ではなく体の深いところから満足する。オーガニックが広まらないのは、食材が高いからと思われていますが、実は本当においしいものを経験していないから、選ばないのでは、とおっしゃっています。そして、養殖の魚や農薬を使った大量生産の野菜や化学物質だらけの加工食品が当たり前と思っている限り、本物を選ぼうとしない。それが本当の原因だ、とおっしゃっています。

れいこさんのインタビューを読んで、自分はまだまだ「頭で食べている」なぁと思いました。
本当に感覚的なもの、からだがよろこぶものは経験からしか学べないので、もっともっと研ぎ澄ましていきたいなぁ。

少し前に諏訪中央病院の院長先生、鎌田實さんの記事を新聞で読みました。
中高生に弁当の日というのを広めているそうで、自分と自分の好きな人にお弁当を作る日をもうけよう、というもの。その中で手つきもよく弁当を作っていた生徒が母親のために作った弁当を紹介していた。すべて冷凍食品、というもの。生徒は自分は母親に手間をかけた料理を作ってもらった記憶がない、だから自分も母親にはこれを食べさせたいという。自分は手間をかけてもらうに値しない人間なのか、という思い、うらみ。これがその弁当を作らせたという。先生はいつか生徒が復讐ではなく、母親のために心をこめた料理を作ってほしいと願っているという。

食べるものと心とからだは深くつながっている、としみじみと思う。

thumb1.jpg
表紙は辰巳芳子さん

話は変わりますが、お弁当がマンネリなのでそれを打開するためにお弁当の本を買いました。

516085YWB6L__SL500_AA240_.jpg
クウネルの本 私達のお弁当 マガジンハウス

47人の方の毎日のお弁当が紹介されています。年齢や職業もさまざまです。どれも美味しそう。レシピはあまり詳しく紹介されていません。でも「これ、やってみよう」「おいしそう」とお弁当作りのモチベーションをあげるのは最適の本です。
スポンサーサイト

COMMENT

お弁当

ママに手をかけた料理を食べさせてもらったことがないっていう恨みなのかなぁ... 
単に、冷凍食品を詰め合わせた弁当や、きっと食卓にもそんな料理や、買ってきたお惣菜みたいのしか並ばなくて、お弁当ってそういうものだと思ってるんじゃないだろうか。

2009.10.29 | URL | BABYちゃん #sSHoJftA [ 編集 ]

Re: お弁当

BABYちゃん、

この生徒さんは家庭科の授業のときにはとても上手に手作りのお弁当を作ったそうで、当然そうするだろうと先生方も思っていたそう。でも実際は。。。

思春期だし、複雑な思いがあるのかな。

うちの息子も思春期だけど、この年代の子たちは難しいよ。自分も昔とおった道なんだけどねー。

2009.10.30 | URL | AGATHE #- [ 編集 ]

そうなんだね。
思春期かぁ。 
兄弟姉妹いると少しは違ったりするのかなぁ。
うちは1人っこだけど。

2009.10.30 | URL | BABYちゃん #sSHoJftA [ 編集 ]

心理学の言葉に「愛他行動」という言葉があります。
自分が大切にされて初めて人を大切にできるというものですが、これは母親から一番影響受けるようです。
記事を読んでいてまさに「愛他行動」ってこういうものなんだなぁ~と思いました。母親から大切にされたという経験がないと他人への思いやりが育たないそうです。


中学生のころ、夕飯を作らない専業主婦の母親をもつ友人はいつも夕飯代をもらっていて、そのお金で好きなものが買えて、当時は羨ましく思っていました。仕事を持っていましたが私の母は毎日夕食を作ってくれていました。当時はありがたみなんてわかりませんでしたが、気持ちを向けてもらっていたんだなぁと今さら気付きました。

2009.11.05 | URL | ミポジン #- [ 編集 ]

mipojinさん、返信ずっとしなくてごめんね。

自分は愛されている存在という自己認識がないと、他人に愛情を与えるのは確かに難しいと思います。
自分が知らないことを教えることはできないからね。

でも自分がしてもらえなかったことを反面教師とすることができるのも人間の素晴らしさだと私は思います。

いずれにしてもベースは「愛」です。

2009.11.25 | URL | AGATHE #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。