TOP > スポンサー広告 > 気持ちをむけること、こころをこめることTOP > 心に残ったこと > 気持ちをむけること、こころをこめること

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.28

気持ちをむけること、こころをこめること

この下の記事の補足です。

私は食事に関しては一番大切なのは、一緒に食べる人に気持ちをむけることだと思っています。
内容は2番目。

「今日は何があった?」「私はこうだったよ。」
「疲れたね。たいへんだったね。お疲れ様」
「それはよかった。楽しかったね。」

そんな風に会話しながら、相手の反応を観察して、一緒に笑ったり泣いたりしていれば、料理が100点でなくても、冷凍食品でも、コンビニの弁当でもOKなのではないかなと思います。(毎回だと困っちゃうけど)
料理が苦手なひともいるし、いろいろな事情で手間をかけれない人もいらっしゃる。
「今は忙しいからだめーー!」という人もいるでしょう。

そういう人も自分を責めたり、義務感や負担につぶれそうになったりしないでほしい。
下の中学生の母親がどんな状況だったかはわからないけど、手間をかけた料理でなかったとしても子供にできるかぎり心をむけていれば、料理以上に伝わるものもきっとある。もしかしたら、自分に目をむけていない、ということを子供は敏感に感じ取っていたのかもしれない。

あまり完璧をめざさず、できる範囲で楽しんで。
でも家族への愛情だけは手を抜かなければ、きっと大丈夫。
一緒に頑張ろう!





スポンサーサイト

COMMENT

私は、買ってきたものではなく、栄養のバランスを自分なりに考えて、できるだけ調理したものを食べさせる事だけに心を配っていたなぁ。

「これなあに?」と聞かれた時は食材や作り方等は説明するのだけど、食事中は黙って、できるだけサッサと食べさせて、宿題見ながら布団敷いて、茶碗洗って、仕上げ磨きして、9時には寝かせなきゃ!とこればかり考えていました。

だからちょっと、目からウロコです。そうだよねー。食事は楽しくなくっちゃね。
どんな下らない事でもよいから、子供達に何か一つずつでも「今日はどんなだった?」と聞く様にしてみますね。

2009.10.31 | URL | yayoi #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yayoiさん、

yayoiさんのブログを拝見して、いつも一所懸命子育てされてるなあ、と感心してます。

母親って毎日することが無限大なので、早く早くとひとつひとつのことをこなすのにせいいっぱいなんだよね。この記事は自分もそういう気持ちを忘れずに持ち続けよう、というためにも書いたの。

子供たちや夫はやはり自分にとってかけがえのないものだし、一緒にいる時間もずっと続くようで実は限られているから。。。

母親が家族の中心になっていつも笑顔でいると(実際は難しいけど(笑))、子供は安心するから。
うちも今難しい年頃になってるけど、中学生くらいになると、まったく口を利かなかったりコミュニケーションがとれない家もたくさんあるのよー。そういうときにあわてても、遅いんだ。

日ごろからコミュニケーションとっておいたほうがいいよ。ただの伝達だけでなく。
食事は、良い機会になるよ。

2009.10.31 | URL | AGATHE #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。