TOP > スポンサー広告 > 612食べ物教室 4月の教室TOP > 食のギャラリー612 > 612食べ物教室 4月の教室

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.21

612食べ物教室 4月の教室

4月15日、4月の食べ物教室がおこなわれました。

さむ~~い、さむ~~い日で、まだまだからだを温めるものを積極的にとりましょうね、とのことでした。

春なので、たけのこやうどなどの山菜を使ったメニューでした。
山菜は老廃物の排出を促すので、なるべく春先には食べたほうがからだがすっきりするのですよ。
でも食べすぎにはご注意。おなかを壊しますからね。

メニューはたけのこ(姫皮)のごま和え、たけのこと根菜のとりそぼろ、たけのこの煮物 葛ひき、やまうどのきんぴら佃煮風です。たけのこを使ったものを3品、うどを使ったもの一品です。

DSC_10290001.jpgDSC_10300001.jpgDSC_10270001.jpgDSC_10260001.jpg

たけのこは部位ごとにわけ(穂先、中央部、根元)、それぞれにあった調理をします。
とくに穂先の姫皮は、通常水煮になっているものでは捨てられてしまうことが多いのですが、実は柔らかくていちばんおいしいそうなのです。

葛や豆味噌を使って、からだもあったまりました。

レッスンの後に自分でもたけのこを買ってゆがいてみました。

たけのこ1kgに対し、大匙1のぬかとたかのつめをお茶パックにいれ(扱いがらくなように)、たっぷりのお湯でしばらくゆでます。沸騰したら弱火ね。たけのこの根元からたけぐしをいれ、すっととおったらOKです。
その後火を止めてそのまま冷まします。
ちなみにたけのこの本当の旬は桜が散るころ、だそうです。

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。