TOP > スポンサー広告 > 淀川長治さんの遺言(1)TOP > 映画 > 淀川長治さんの遺言(1)

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.06

淀川長治さんの遺言(1)

テーマ:映画を見て、思ったこと - ジャンル:映画
なんと、淀川長治さんの講演会でメモをとったノートが出てきた。まさか残っているとは思っていなかったのでびっくり。日付をみたら1990年10月13日となっていた。メモ書きだけど、いまとなっては貴重な記録だと思うので、以下簡単に内容をみなさんにも見ていただこうと思う。

映画 is my book. 映画 is my healthy.

映画をみれば愛と人間がよくわかる。  

人間関係は映画から学ぶ。

チャップリンの映画は人間教科書。

映画はことばをもっている。つまり、人間関係にはほんの一言がとても大切で、役に立つ。

ユーモアも大事。

(長いので次回につづく)

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。