TOP > スポンサー広告 > お仕事TOP > 未分類 > お仕事

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.22

お仕事

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
来月から仕事をすることになりました。春休みが終わって、中旬から。週に3日銀行で事務スタッフとして働きます。

去年資格をとる事ができて、それに関連した仕事をと今年に入ってから探していたのですが、残念ながらフルタイムの仕事しか募集がありませんでした。まだ子供が小さいので残業やフルタイムの仕事はきついなあと思い、職種にこだわらずパートタイムの仕事に切り替えました。
子供が成長するにつれて働き方も変わってきます。そのときそのときで自分にベストまたはベターなものを選べたらいいと思いました。

実際のところどんな仕事でも雇っていただけるだけ、ありがたいです。だって10年ぶりなのですから。。職探しをしてるときに「えー、そんなに経ってたのかァ」という思いでした。自分ではちょっと前のような気がしていたのですが、履歴書や職務経歴書に記入するときブランク10年って。。あり?という感じです。

この10年もただ遊んでいたわけではなくて(汗)、主人が転勤族で1年半から2年おきくらいでいっしょに全国を回っていたのです。子供も小さかったので、いっそ子育てに集中しようと思いました。おかげで安心して、手元で育てる事ができました。それは本当に幸せなことでした。でももともと仕事をすることは好きでした。仕事をやめて主人と結婚して地方に行くと決めたときは大きな決断でした。子供が成長したらまた働こうとずっと思ってきました。流れに逆らわず、あきらめず、です。

先日面接を受けたのですが、お友達に、ぜったい子供のことと子供が病気になったときはどうするかって聞かれるから、「祖父母が近くにいますから。っていいなさい。実際なったときは祖父母の都合がつかなくてって言えばいいんだから!」と入れ智恵されて(笑)そのつもりでいたのに、実際の面接では「ご実家は・・桐生ですね。ではご両親は桐生ですね。ご主人の実家は・・?」と聞かれて笑顔で「札幌です!」と言ってしまった私・・。これで受かったのは本当に目に見えないものの力のような気がします。

面接とそれ以外でもラッキーな事がいくつか重なりました。面接会場ではブースにひとりひとり呼ばれて面接官と話すのですが、その声が隣の部屋までまる聞こえなのです。すごく厳しいことをいってる怖そうな面接官の人がいて、「あー、あの人に当たったら終わりだ・・」と思っていたら私のときはすごくおだやかそうな60代と思われる男性。話も終止にこやかで、落ち着いてはなすことができました。でも手ごたえはなかったんですが。

結果は3日後に封書でといっていたのですが、結局翌日には電話がかかってきて「合格しました。それで勤務地の相談をしたいのですが」と私にとって自宅からより近いほうを紹介してくれました。それも「さっき空きが出て」とのことでした。

ここ以外にもいくつも面接にいったり、派遣会社の登録にいったりしたのですが、結局いまの自分にとっていちばんいいところに決まったと思います。

新しいスタートです。

スポンサーサイト

COMMENT

おめでとうございます

お仕事が決まったとのこと。おめでとうございます!
私もそろそろ仕事を探そうか・・・と思い始めていたので、agatheさんの仕事再開のお話はタイムリーでした。
考えてみたら私も仕事を辞めて10年経っていました。(もう無理かな・・・)
履歴書だってどういう風に書くのかさえ忘れています。履歴職歴も相当さかのぼらないと間違えてしまいそうです(苦笑)
新しい職場がagatheさんにとって素敵な場でありますように!

2006.03.22 | URL | アプリコット #Q.zvybpY [ 編集 ]

おめでとうございます!

なんだか自分のことのように嬉しいです!記念すべき第1歩ですね。
10年のブランクがあっても、不況でも、仕事が見つかる人は見つかるんだなぁ~。

いつだったか私がブログで「専業主婦でいる自分にプライドが持てない。働きたい」という主旨の記事を書いたとき、agatheさんは熱い励ましの言葉をくださいましたね。どんなに心強かったことか!
そしてこのたびの復職。さすがです。

あぁ、なんか興奮してコメントが変ですね。とにかくおめでとうございます!

2006.03.22 | URL | melocoton #- [ 編集 ]

よかった!

偶然じゃなくて必然で引き寄せられた職場ですね!
思うんだけど、正しい心を持っていれば
必ずいい方向に向かっていくのよね~。
だから恐れることなく突き進むのじゃーーー。
(自分にもいいきかせてますの)
お互いがんばりましょうぞなもし!

2006.03.22 | URL | まりちん #gs/4kZwk [ 編集 ]

新しい生活だね

そっか、久々のお仕事なのね。
週に3回ぐらいってちょうどよいぐらいでないでしょうか。やっぱり毎日仕事すると結構疲れるよっ。

久しぶりに社会に出る(別に今まで社会に触れることがなかったわけじゃないけど)ので、いろんな新しい発見があるといいね。

2006.03.23 | URL | BABY #- [ 編集 ]

アプリコットさん、

コメントありがとうございます。アプリコットさんも変化のときでしょうか。自分で何か現状から脱皮したいという気持ちを持ったときが行動するときかもしれません。
私も決してすぐに決まったわけではなくて、1年半くらい前に一度求職活動をしたのですが、そのときはうまくいかずしばらく時期をみることにしました。そして今回は不思議とうまくいきました。きっとそういう変わり目にきたのだろうと思います。
アプリコットさんが望む方向にうまくいくように、心から祈ってます。

2006.03.23 | URL | agathe #- [ 編集 ]

melocotonさん、

>なんだか自分のことのように嬉しいです!記念すべき第1歩ですね

そんな風に言って頂いて、とてもうれしいです。ありがとうございます。melocotonさんとはレベルが違いすぎますが、とりあえず仕事が決まってよかったです。

ずっと時期がくるのを待ってたようなところがあります。そうこうしてるうちに10年も経ってしまったのですが(苦笑)。でもあっという間でした。そして振り返ると子供と過ごした時間はとても充実して、かけがえの無い時間でした。あとは大きくなって手元から離れていくばかりですから・・。

melocotonさんも4月から週2回2時間(でしたっけ?)フリータイムができるんでしたよね。楽しみですね!またブログで報告してくださいね!

2006.03.23 | URL | agathe #- [ 編集 ]

まりさん、コメントありがとうございます。

すでに報告してありましたね、で詳細はこんな感じでした。

今持っているものを手放さなければ、新しいものは入ってこない。カレンさんの教えにもありましたね。変化を恐れることなく、それを楽しんで受け入れたいと思います。お互いに頑張りましょうー!

これからもよろしくお願いします。

2006.03.23 | URL | agathe #- [ 編集 ]

BABYちゃん、

そうだね。毎日は私にはいまはムリだー。まずは働くことになれることでせいいっぱいだろうね。たぶん浦島太郎状態だろうし、まわりに迷惑をかえないように、頑張るね。

新しい職場はどんな感じかな。女性が圧倒的に多いらしいよ。協調性が大事ですって面接官はいってた。でも私女性の多いところって好きなんだ。女子高、女子大だったからかな。

2006.03.23 | URL | agathe #- [ 編集 ]

omedeto

ご就職おめでとうございます。何か新しい事を始めると又新しい出会いもあって良いですよね。頑張ってください。

2006.03.23 | URL | kj #A1vz8dvw [ 編集 ]

kjさん、ありがとうございます。

新しい生活、今から楽しみです。

2006.03.23 | URL | agathe #- [ 編集 ]

楽しみですね!

わー、私がボーッとしている間に、お祝いメッセージがたっくさん!
遅ればせながら、おめでとうございます!
私の義姉も、子育てが一段落した頃、銀行で(職種も似てるような・・・)働いていました。今は二人目が出来たので辞めているのですが・・・。働いていた頃は、傍から見ても、生き生きしていましたね。やっぱり社会と交わる刺激って大事なんだと思いました。

「流れに逆らわず、あきらめず」というのはよくわかります。私もそういう心がけで行きたいと思います。

私も仕事が好きだったんだろうなぁ・・・時々、育児休職から復帰して出社する夢なんか見たりもします。(←なんか悲しいものがありますが・・・)
まぁ、ものは考えようで、会社を辞めなかったら、会社の決めた期間しか休職できないわけですが、今の私は自分で好きなように休職期間を決めることができるわけですよね(笑)。
誰に対しても申し訳なく思うことなく、人よりちょっと(かなり?)長めの休職期間中を満喫してるんだ、と思うことにしています。

大切な自分の人生ですものね。思い存分楽しんで下さい。楽しいお話、待ってまーす!

2006.03.23 | URL | Rach #YjIIQIhI [ 編集 ]

こんにちは

就業おめでとうございます。

何かをする時には偶然のような必然が幾つも重なったりしますよね。そう言う時は流れが良いのだと思います。
目に見えない何かの後押しとかを感じるときって有るんですよネェ~~。

チョッとオカルトチックでした。

では

2006.03.23 | URL | こぐま #- [ 編集 ]

Rachさん、コメントありがとうございます。

(ここからはちょっとフィービーチックなことを書きますね。Rachさんはあまり好きじゃないかもしれないけど、お許しください)

私には課題があって、それが「自分以外の人(家族も含めて)のために奉仕すること」と「家族を作り、幸せにすること」です。もともとはそういうことにまったく関心がなく、ズボラな性格でした。でも子育てをして、家事をして、親戚づきあいをしてそういうことをだいぶ克服できてきました。そして、やっと神様から「次のステージに移ってよい」という許可が出たのかなと思っています。人生は魂を磨く場所です。自分自身に与えられた課題を克服するために生まれてきています。試行錯誤し、悩んだりして、私にとって苦手で、いやだったことをクリアできて、やっと次に移ることができました。そしてそこに到達してやっと見えるものがあります。いまは爽快な気持ちです。

たくさんの選択肢のなかから、自ら選んで、悩んだり苦しんだりした経験は決して無駄になりません。

Rachさんの課題はなんでしょう。ずっと願いつづけていることはきっとかないます。聡明なRachさんはいまのままで私にとってはとても魅力的な方です。

お互い(といってもレベルが違うけど)頑張りましょうね。英語学習、私はずっと続けるつもりです。細々とだけど(汗)。これは自分にとって縁があるみたいです。

字幕なしでシットコムが楽しめる日まで!

2006.03.24 | URL | agathe #- [ 編集 ]

こぐまさん、コメントありがとうございます。

そうですね、行動(努力)と運(目に見えないもの)はつきものですね。

自分なりに、楽しんで頑張ろうと思います。

2006.03.24 | URL | agathe #- [ 編集 ]

お返事書いてもいいですか?

私、別にフィービーチックなことが苦手なタイプじゃないんですよ。
きっと私が「オーラの泉」の話に反応しないから、そう思われたんですよね(笑)。
確かに、「霊感がない」と言われるタイプだし(中学校の時のクラブの友達にすごく霊感の強い子がいて、その子に言われた・・・笑)、正直、霊とかの話はちょっぴり怖かったりします。(だから、そういう話題の時に、知らず知らずコメントを控えてるのかもしれません。)
自分の死んだ後のことは本当にどうでもいいんですが(お葬式をしてもらわなくてもいいし、お墓もどこに入ってもいいし・・・ってタイプ)、でも、前世とか来世とかはあるに違いない、と思ってます。(結構、矛盾してる?)

自分の運命は「ある程度は」変えられると思っているけど、やはり持って生まれた運や縁というのもあると思ってて、主人とも出会うべくして出会ったと思ってますし。(またまたノロケ?)
そういう意味では、私の”現世”で、私が下した選択が正しかったのか?と時々自分に問いかけたくなるんですよね。
もしかしたら、バリキャリでとことん頑張れたかもしれなくて、結構そういう意味では機会や運に恵まれていたのに、それをあっさり放棄してしまって良かったんだろうか。
もし来世でそんな風になりたいと思った時に、今度は運が向かなくて、そういう道に進みたくても進めない人生かもしれなかったらどうするのか、とか。
現世のことは来世になったら、すっかり忘れてるかもしれないので、それは気にしすぎかもしれないですけど、まだまだ先は長いはずの人生で、せっかくのチャンスを棒に振ったかもしれない・・・と思い続けるのも辛いんですよね。

でも! 大袈裟な話でも何でもなく、私はブログを始めて、ちょっと自分の人生が変わった気がしました。誰かが読んで下さっていると思うと、そういう人たちに私の話を聞いてもらいたい!と思って、前よりいろんなことを深く考えるようになったし、視野も広がったし、心の平安が得られた、という感じなんです。(今の生活に対して不満があるわけではないのに、何故かそう思えます。)
今の私は「課題」が何なのかわかりません。でも、やっぱり「周りの人間を幸せにすること」なんでしょうね。ブログで自分の本性を丸出し(?)に出来る分だけ、他の時間は周りを見る余裕が出てきたようにも思います。
(何だか、わけのわからない話ですみません。さらには、人のブログのコメント欄でこんなに長々と・・・。agatheさんに人生相談してるみたいです・・・笑)

agatheさんに「神様の許可」が出たのは間違いない!と私も思っていますよ。そして、agatheさんの頑張りが、幸運を引き寄せたんだと思います。

2006.03.24 | URL | Rach #YjIIQIhI [ 編集 ]

Rachさん、お返事ありがとうございました。

コメント書く前にこれでもいろいろ考えたんです。またあんまりつっこんだ話をして余計なおせっかいと思われたどうしようとか、悩んだんですが、お返事がきてよかったです(笑)今日はRachさんのブログを何度も意味もなく訪れたりして。ここ何日か問答のようなことをされてたので、疲れてないかなあと思ったり。(Rachさんは大丈夫かな。私はあんまり議論とかは得意ではないです。すぐに思考停止状態になります。。)

スピリチュアルが嫌いかと思ったのはRachさんが理系だからです。(すごい思い込み)以前そちらのブログで何かの話題のときに、そう思い込んだだけです。

私がこういうものを信じるようになったきっかけは江原さんではなく、私の年上の友人です。もしかしたら前書いたかもしれないけど、以前の職場で知り合った方で、江原さんと同じような力を持っているひとです。(彼女によるとそういう人は結構いるらしい)その方とはなぜかご縁があって、いまだにおつきあいが続いていますし、要所要所で彼女の残してくれたことばが私の人生にとても深く影響を残しています。それでも信じるようになったのは、去年くらいからで、それまではやはり怖いとか気味が悪いという気持ちが先にたって信じる気にはなりませんでした。でも去年江原さんの著書を手にとったときに彼女が10年以上前にいっていたこととまったく同じことが書いてあったので、やっぱりそういう世界があるんだと目からうろこが落ちるように受け入れる気になりました。信じる信じないはまったく個人の自由ですし、否定する気持ちも十分理解できます。(実際自分も10年以上もかけて信じる気になったわけですから)ただ私にとってはそういうものを受け入れたほうが生きやすいというだけの話です。

またそういう友人がいるからといって、何も直接的にこうしたほうがよいというようなアドバイスはもらいません。やはり自分の人生に責任をもつのは自分自身なので、そういうものに頼るような甘えた気持ちは良くないらしいです。彼女も人のことはわかるけれど、あえて言わないそうです。また自分自身のことはわからないらしい。でも振り返ってみるとヒントらしきものをくれてあのときいわれたことは、こういうことなのかなあと思う感じです。

>もしかしたら、バリキャリでとことん頑張れたかもしれなくて、結構そういう意味では機会や運に恵まれていたのに、それをあっさり放棄してしまって良かったんだろうか。

これでよかったんです!間違いない。それにあっさりじゃないですよね。そのときは真剣に考えて決めたはず。私もね、「あなたはひとりで仕事をバリバリする道もあったのよ。でも今の方が幸せ」とあとでいわれましたよ。そう、ぜったいに今のほうが幸せなのです、Rachさん。過去をみても仕方ないよね。現在の自分を肯定して、受け入れるところからしか始まらないのです。

そして時期がきたらせいいっぱい活かせるように(そのときは必ずきます)、今を充実させたらいいです。

長いコメントだー。。これからもよろしく御願いしますね。


2006.03.24 | URL | agathe #- [ 編集 ]

こちらこそ、お返事ありがとうございました

またまた、返事書いてごめんなさい。これで終わりにするつもりですが・・・agatheさんなら許してくれるかなぁ?

つっこんだ話が出来てとても嬉しいです。
マイブログの例の問答の一部始終をご覧になったんですね。きっとagatheさんに心配かけちゃいましたねぇ。何度も訪問して下さって、心配して下さってたなんて、本当にagatheさんらしいなぁーって思ってしまいました。(不案内な旅行者を見ると、心配になってしまうagatheさんだから・・・)
ここで書くのも何なのですが、疲れてないですし、いつも通り元気ですよ!
悩んだりすると、バーッと文字にして頭をスッキリさせないと先に進めないタイプなんです。日記は特につけてないけど、時々、「うーん」と悩むことがあった時は、ちょっとパソコンに向かって自分の考えを書き出して、それですっきりするということもよくあります。人に聞いてもらえなくても、後の自分が見ればそれでいい、という感じかな?

理系人間だからというのではないのですが、確かに占いはまず読まないです。それは、昔誰かに「占いを見てしまうと、無意識のうちに、そこに書いてあることと同じ行動を取ってしまう」という話を聞いたことがあるからです。それがいけないわけでもないし、良い部分だけを受け入れたり、もしくは何か気になることがあった時の心の糧にすることもできるので、否定してるわけではないんですが、おみくじもいまだかつて引いたことがないんじゃないかなぁ(笑)。

でも、神様のような人はやはりどこかにいるのではと思っていて、自分が何かを頑張るのは、頑張っていればきっとどこかで見ていてくれる、きっと頑張ったね、ってご褒美をくれる、と信じたいからです。人って、誰もいないところでも、そんなに非常識なことって出来ないですよね(すごく怒ってる場合を除けば・・・笑)。それって、やっぱり何か絶対的なものが見てる、と思う、もしくはそう思うことで、自分を律しているという感じがするのです。あ、それから自分のご先祖様(亡くなったおばあちゃんとか)は、やっぱりどこかで見守ってくれてるって気がしてます。おばあちゃんは私が結婚する前に亡くなったので、私の花嫁姿どこかで見てくれてたかなぁ、とか、うちの子供、可愛いなって思ってくれてるかなぁ、とか時々思いますよ。

誰かと話をして、とても癒されることってありますよね。それはその方がそういう能力があるのと同時に、相手が無意識のうちに欲している言葉をかけてあげることができる、相手の心の微妙な揺れを感じ取れる、ということなのかと思うのですね。とても繊細な心の持ち主なんでしょう。
そういうお友達がいらっしゃることはとても素晴らしいことですよね。そして、その方のおっしゃる「責任は自分自身にある、頼る甘えた気持ちは良くない」という言葉はとても信じられるものです。(うさんくさいものになると、「絶対に私の言うことが正しいから、言う通りにしないと地獄に落ちるよ。」てなことを言って脅したりするんですよねぇ。そういうのはやっぱり絶対に信じたくはないです。)

バリキャリの話を出したのは、明らかにagatheさんへの甘えでした。多分、agatheさんもわかってらっしゃったでしょう。「これでよかったんだ、今が幸せなんだ」って言って欲しかったんですよ、私は。
前に自分のブログで書いたように、「ただグチを聞いて欲しかっただけ」なんだと思います。今さら、その時のことをどうこうできないのは重々承知していながら、それでも人に聞いて欲しいと思ってしまう。女の悪いクセですかねぇ。
基本的には私はあまり泣き言は言わないのですが(とにかく、負けん気の強い女なんだ、私は)、最近はブログで知りあった人に本音をぶつける変なクセがついてしまいました。実は前にsatさんに、「日経新聞に載ってるキャリアウーマンの話を指をくわえて見てます」みたいなことを書いたら、「キャリアウーマンRachもいいですが、ブロガーRachもいいですよ。」と言って下さいました。その言葉にも私はかなり救われたんですよね。(satさん本人にそのお礼を言ってないんですが・・・satさん、ありがとう!)
専業主婦の宿命でしょうかねぇ、人に認められたい!とどうしても強く思ってしまうのは。

長くなっちゃってごめんなさい。本当に嬉しかったので・・・。とても心がスッキリしました。これからも時々、相談させて下さいね。

2006.03.25 | URL | Rach #YjIIQIhI [ 編集 ]

Rachさん、返事遅くなってごめんなさい!今実家に遊びにきててパソコンが開けず遅くなってしまいました。

相談なんて、恐れ多い。。私はそんなりっぱな人格ではないです。ただ話しを聞くことはいつでもできますので、遠慮なくこれからもおしゃべりしましょう。話すことで思考を整理したり、すっきりしたりすることは確かにあります。

あのときのsatさんの言葉、私も覚えてます。「そのとおり!」と思いましたよ。時期がくれば自然と活躍できます。Rachさんなら、大丈夫。そう信じてます。
お返事ありがとう。これからもよろしくねー。

2006.03.26 | URL | agathe #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。