TOP > スポンサー広告 > 春休みの出来事TOP > 心に残ったこと > 春休みの出来事

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.04

春休みの出来事

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ
先週実家に帰っていたときに印象に残った出来事。

近所のスーパーで高校生のときの担任の先生にばったり遭遇した。「なんだか見覚えのある背中。。あっN先生だっ」と思い駐車場を走って後を追いかけていった。「あの、失礼ですがN先生ではないですか?」と声をかけると先生は「。。。Yちゃん?」と私の旧姓ですぐに答えてくれた。

先生:「いやー、めずらしい人に会いましたねえ。お元気そうですね」
私:「はい、元気です。先生もお変わりなくて。でもよくわかりましたね。も   う20年も前なのに。覚えていただいて、感激です。」
先生:「覚えてますよ(笑)」

と少しの間タイムスリップした。先生は6年前に母校を定年退職されてその後ほかの高校でも教えていたが、この3月で最終的にリタイヤされたそうだった。なんだか、とても懐かしい気分になった。それにしても20年も前に教えた子供の名前を覚えてるなんて先生素晴らしいです。特別目立った生徒でなく、普通の子だったのに。私も塾で教えた事がありますが、全然生徒の名前覚えてません。。

車に子供たちも待たせていたので、「それでは、失礼します。今日は先生にお会いできて本当にうれしかったです。名前覚えていてくれて、ありがとうございました。お元気で」と挨拶して立ち去ろうとしたら、先生も「またどこかで会えるといいねえ。元気でね」とおっしゃってくださった。

車に戻ってしみじみ考えた。「先生とはもう会うことはないかもしれないんだなあ。」ということ。今回会えたのも偶然で、20年ぶり。同窓会でも開かれない限り、次の偶然はないだろうな。そう思うとなんだか切なくなった。
こんな風に人生で出会った人で、現在の自分とかかわりがなくなってしまう人ってたくさんいるんだ。それは自然なことなんだけど、そういう出会いだからこそ、いまお付き合いしている人たちと誠実に大切に付き合っていきたいと思った。一期一会の精神。

先日のオーラの泉で「対面同席五百生」という言葉が出てきて、お釈迦様のことばだそうで「現世で一瞬でも対面したひとは前世で500回以上の時を共に過ごしている」という意味。

意味のある巡り合わせで出会っている私たち。不思議を感じます。 
スポンサーサイト

COMMENT

こんにちは

人と人との縁と言うのは本当に不思議ですよね。
後から気付けば、アレはココに繋がっていたのかと思わせる事もあったりしますし。

自分が動くとそれに比例する以上に周りも動くような気がします。
何もしないで閉じこもっていると誰にも出会わないし何もおきませんから・・・。

>対面同席五百生
何だか見にしみる言葉ですね。

2006.04.05 | URL | こぐま #- [ 編集 ]

こぐまさん、

>後から気付けば、アレはココに繋がっていたのかと思わせる事もあったりしますし

後から気づくことはありますねー。人生は日々修業です。。

2006.04.05 | URL | agathe #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。