TOP > スポンサー広告 > 明日の記憶TOP > 映画 > 明日の記憶

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.06

明日の記憶

B000FPEMX6.01._SCMZZZZZZZ_V61736698_.jpeg


最近見た映画がいずれも記憶を失うというテーマのものでした。

これは50歳で若年性アルツハイマー病にかかった主人公と妻の愛の記録。

主人公は広告代理店に勤めていて、働き盛りのやり手サラリーマン。大きな仕事を受注し、これから。。というときに病気に侵されてしまう。

部下の顔がわからなくなる、会議の日時を忘れる、得意先の場所を忘れる、などのミスを犯し、病気がばれてついに閑職に追い込まれてしまう。その辛さ。

渡辺謙の演技も樋口可南子の押さえた演技もとてもよかった。

専業主婦だった妻も「お金のため」に働きにでる。
主人公の退職後、少しずつだが確実に病気が進行していくようすが切ない。

今日できたことが、明日はできない。
自分が自分でなくなっていく恐怖に、妻にとっても「お荷物でしかない」自分に苛立ち、虚無感を深めていく。

そして、最後は。。。


お互いを思いやる妻と夫の深い愛情に感動。

元気で、毎日会社にいってくれる夫に感謝、感謝。
スポンサーサイト

COMMENT

作者

名前が思い出せないけど、この作者の人、先週の王様のブランチで特集されてたよ。
私、この人の書いた本2冊読んだことあります。
こんな重い内容の本じゃないんだけど。
昔、広告代理店に勤めてた人なんだってさ。

2006.11.08 | URL | BABYちゃん #- [ 編集 ]

BABYちゃん、

そうなんだ、だから広告代理店が舞台になったのかな?この人の本は読んだことないの。でも、この間ドラマで特攻隊を扱ったものをみて、それはまあまあだったかな。

2006.11.09 | URL | agathe #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。