TOP > スポンサー広告 > 赤と黒の芸術 楽茶碗TOP > 美術 > 赤と黒の芸術 楽茶碗

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.06

赤と黒の芸術 楽茶碗

先日、三井記念美術館にいきました。

千疋屋本店やマンダリン・オリエンタルホテルのあるモダンな三井タワーの隣の本館にひっそりとありました。

開館一周年記念特別展として、赤と黒の芸術楽茶碗展を行っていました。

千利休の依頼により初代長次郎が作った楽茶碗からはじまり、
楽焼をこんなにもたくさん、また15代目まで系統だててみたのは
むろんはじめてのことでした。

初代と15代目では、同じ楽焼でも全然違う印象でした。

初代のものは、やはり一番力強く、素朴さのなかに強い意志があらわれ、
15代目のものは長い歴史の中から洗練と粋を凝縮したかのような。。

とても、とてもよかったです。

来週までやってます。よかったらお出かけください。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。