TOP > スポンサー広告 > 友達の家TOP > 心に残ったこと > 友達の家

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.30

友達の家

20070130085743


先週の木曜日、友人の家でミニクラス会をしました。
何のクラス会かというと、横浜日仏学院でフランス語を勉強していた仲間です。

仲良しの友人はスチュワーデスになって、ニューカレドニアと日本を往復する日々。家に招いてくれた年上の友人は、ずっとアメリカ系の外資の会社で働いていたのですが、来月退職するとのこと。ずっと続けていた日本画に専念するという理由。彼女のご主人いわく、「彼女の作品を全部買い取って美術館を作るというオファーもあったんですよ!」とのこと。へーーーっ。すごいなあ。そんなこと全然知らなかったみんなはびっくり。

ほぼ10年ぶりであったSaitoさん(男性)は、フランスに駐在して仕事をしたり、いろいろ経て今はやはり外資の人材派遣会社で面接をする日々といっていた。

友人のご主人の友人(男性)は初対面だったのだが、なんと偶然にも以前勤めていた会社でSaitoさんと同僚で、同じ寮で暮らしていたとのこと。
家も近所だそうで、これは御縁だな、と私はひそかに思った(笑)。

すごく楽しくて、おしゃべりが弾んで時間が経つのがあっという間だった。
若い頃からの友人って、お互い飾ることなく、好き勝手いっても許されるし、自分も相手も受け入れることのできる貴重な存在だと思う。

また集まろうね、って約束して何度も手を振って別れた。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。