TOP > スポンサー広告 > 青山二郎TOP > > 青山二郎

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.08

青山二郎

20070708234308


白洲正子の本を続けて3冊読んで、なんだか長い映画を見た後のような、それとも夢をみていたかのような不思議な印象。

ますます青山二郎について興味が沸いてきて、どっぷりその世界にはまってしまってる。

青山二郎について、ひとくちで語るのはとても難しいのだが、希代の目利きで、単に真贋だけでなく、ごまんとある美しい真物の中の真に美しいものを見分ける名人だった。そして彼の下には、日夜昭和を代表する文学者が集い、文学論や骨董談義に花を咲かせた。「青山学院」と名づけられたこの昭和の文学サロンには小林秀雄、永井龍雄、中原中也、河上徹太郎、白洲正子らがいた。

月末に世田谷美術館に「青山二郎の眼」展を見に行くつもりで、その前に予習をしておこうと思っているのだ。

きっと一期一絵の出会いになるだろうから。悔いのないように、見てきたい。

買ったのは

「いまなぜ青山二郎なのか」白洲正子 新潮文庫

「青山二郎の話」宇野千代 中公文庫

「眼の哲学 利休伝ノート」青山二郎 講談社学芸文庫

以前買って、まだ読んでいないもの。

「鎌倉文士骨董奇譚」青山二郎 講談社学芸文庫


「いまなぜ青山二郎なのか」を読み終えたところなのだが、本全体が赤線でびっしりいっぱいになってしまうくらい、とにかく面白い。
スポンサーサイト

COMMENT

私、昨日見に行こうと田園調布まで行ったんだよっ!
でも、駅に着き、美術館へ行く次のバスの時間を確認したら、美術館へ行っても1時間しか見れないとわかり、断念。
駅前のレピドールと言うカフェで代わりに白州さん本を読んでしまた。
私も「いまなぜ青山二郎なのか」を買おうかな。。。。

最近、agatheさん凄いペースで読んでいますねー。

2007.07.11 | URL | おらんちゃん #- [ 編集 ]

おらんちゃん、

田園調布まで行ったんだね!私もその駅経由で行こうと思ってるんだけど、バスあまり本数なかったの?

白洲正子さんの本はとても読みやすいし、文章にきれがある。面白いのでどんどん読みたくなってしまったの。

「いまなぜー」の本はプレゼントしますので、楽しみに待っててね。サントリーミュージアムのお礼。
ほかの本は読んだら全部貸してあげるよ。
「いまなぜー」だけは、じっくり読んで文章の中身を自分の血と肉にしたら、きっと財産になると思うよ。

きっと日本中で白洲正子と青山二郎関連の本をこんなに熱心に読んでるのって、わたしとおらんちゃんだけだと思う(笑)。

今度この前買った白洲さんの本と魯山人の本よかったら貸してー。赤い子も中身見せてー。

2007.07.12 | URL | agathe #- [ 編集 ]

わっ、うっそー、ありがとう。(本の件)

魯山人の本は読み終えたのでお貸しいたします。
白州さんのは今、読んでいる中終わったらお貸しいたします。
赤い本は、早速トーフマヨネーズを作ろうと思っているの。なんだかとってもいい感じよ。
ショップにいらっしゃる時言ってね。もって来ときますから。

2007.07.12 | URL | おらんちゃん #- [ 編集 ]

おらんちゃん、

こちらこそ、ありがとう。本、楽しみです。

元町アヴェダに行く用事があるのですが、なかなか時間がつくれない。
今月は難しいかも。

いくときは、連絡します。よろしくー。

2007.07.12 | URL | agathe #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。