--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.14

ビストロベジタブルマーケット

4月20日関内駅から歩いて5分ほどの場所にあるビストロベジタブルマーケットでANTSHOP主催の食事会が開かれました。
増田窯の器でこちらのお料理を楽しみ、またANTの器をひいきにしているお客同志のコミュニケーションの機会でもある今回の会を楽しみにしていました。

前菜は菜の花とうどとさよりをあえたもの。
DSC_10330001.jpg
トマトのファルシー、たけのこ 梅肉のクリームソース、かぶを和風だしで煮たもの、からし菜のからすみかけ
DSC_10340001.jpg
新玉ねぎのブランマンジェ 胡麻ソースDSC_10360001.jpg

ひめじ(魚)のソテー ブールブランソース ハーブ添え
DSC_10380001.jpg

たけのこごはん 浅漬け
DSC_10420001.jpg

ガトーショコラDSC_10440001.jpg

コーヒーDSC_10470001.jpg

どれもおいしかったですが、特に印象に残ったものはかぶとたけのこ、ブランマンジェ、ひめじ、でした。
かぶはだしが素材の味を引き出していました。たけのことソースの組み合わせが斬新。ブランマンジェはたまねぎの風味がよく、ひめじは知らないお魚でしたが、たんぱくすぎず適度に脂がのって美味しかったです。

同じテーブルの方々とのおしゃべりも楽しくて、いい時間を過ごすことができました。
あ~~、それにしても私初対面の方とのおしゃべりって緊張してシャイになってしまいます。
だめだめちゃんです(反省)。

最後に代表が参加者ひとりひとりをイメージして絵付けしてくれたマジック・スプーンをお土産にくださいました。もちろん一点ものです。
この可愛らしいのが私です(笑)。こんなにラブリーかと思うと思わずにんまりしてしまいます。

マジックスプーンは幸運を運んできてくれる、とのこと。今日の思い出に大事にしますね~。
DSC_10480001.jpg

2010.04.21

612食べ物教室 4月の教室

4月15日、4月の食べ物教室がおこなわれました。

さむ~~い、さむ~~い日で、まだまだからだを温めるものを積極的にとりましょうね、とのことでした。

春なので、たけのこやうどなどの山菜を使ったメニューでした。
山菜は老廃物の排出を促すので、なるべく春先には食べたほうがからだがすっきりするのですよ。
でも食べすぎにはご注意。おなかを壊しますからね。

メニューはたけのこ(姫皮)のごま和え、たけのこと根菜のとりそぼろ、たけのこの煮物 葛ひき、やまうどのきんぴら佃煮風です。たけのこを使ったものを3品、うどを使ったもの一品です。

DSC_10290001.jpgDSC_10300001.jpgDSC_10270001.jpgDSC_10260001.jpg

たけのこは部位ごとにわけ(穂先、中央部、根元)、それぞれにあった調理をします。
とくに穂先の姫皮は、通常水煮になっているものでは捨てられてしまうことが多いのですが、実は柔らかくていちばんおいしいそうなのです。

葛や豆味噌を使って、からだもあったまりました。

レッスンの後に自分でもたけのこを買ってゆがいてみました。

たけのこ1kgに対し、大匙1のぬかとたかのつめをお茶パックにいれ(扱いがらくなように)、たっぷりのお湯でしばらくゆでます。沸騰したら弱火ね。たけのこの根元からたけぐしをいれ、すっととおったらOKです。
その後火を止めてそのまま冷まします。
ちなみにたけのこの本当の旬は桜が散るころ、だそうです。

2010.04.20

山崎美津江さんハウス訪問

お久しぶりです。

先日かぞくのじかんという婦人の友社の雑誌の企画に応募し、山崎美津江さんという片付け収納・お掃除名人の方のお宅を訪問する機会がありました。10倍以上という応募者から、みごと当選!やったー!

ちなみにご存知ない方のために、婦人の友社はクリスチャンの女性思想家羽仁もと子、吉一夫妻により創設されました。おなじく自由学園も彼女達により創られました。幼児生活団には、紀子さまなどの皇室関係の方々やオノ・ヨーコさんや坂本龍一さんもいらっしゃったそうです。

さて、オープンハウスにしてくださって、家の中をすみからすみから見せていただけるという、わくわくする企画!
達人のお宅訪問というだけでわくわくするのに、扉という扉、引き出しという引き出し、すべて見せてくださるなんて、山崎さん、なんという懐の広さ!

駅でスタッフの方と待ち合わせして、お宅へ。
スタッフの方は編集長、カメラマンの方合わせて5名。
お話させていただくと、どの方も誠実で感じがよく、あっという間になごやかな雰囲気に。
当日は応募者8名でふたグループに別れ、まずはお部屋を見せていただき、その後は簡単なインタビュー、お昼、山崎さんレクチャー、質疑応答という流れでした。

どこをみても整然として、美しく、感嘆の声ばかり。。。

食器棚。
DSC_10130001.jpg

冷蔵庫のなか。
DSC_10080001.jpg

小さなものにこそ、指定席をつくる。
外側から中身がわかるように、ラベリングする。
必要な家具や道具を整える。
人間は生きている限り、エントロピー増大の法則にしたがい自然に散らかるので、リセットの時間を定期的にいれるとよい。
探し物のない家にすると、まず主婦がらくになる。家族も生活しやすい、などなど。。。

山崎さんの原動力は、好きなことがしたい!だったそうです。友の会の活動に行きたくて、家事を効率よくまわせるように工夫したこと、時間の管理をしたことをおっしゃってました。

何をやりたいのかみつかって、道がつくられたそうです。

達人でありながら、若い人にもきさくで腰が低く、押し付けがましくなくてとても感心しました。
達人は創造と工夫のひとでありました。


DSC_09830001.jpg
その日はお弁当持参だったので、春をイメージしたお弁当にしました。

6月5日発売のかぞくのじかん夏号でこの記事がでますので、よかったら読んでください。

2010.03.17

砂の上の足跡

春ですね。今日はある詩を紹介します。作者不詳とされるこの美しい詩を知ったのは15,6年前でしょうか。

どん底の状態にある、と思うときでも神様は傍で寄り添っていてくれる。そう思うだけでどんなに勇気がでたことでしょうか。私自身はキリスト教徒ではありませんが、神様という絶対的な存在に対し、畏怖と尊敬の念をもっています。

もしあなたが辛い状態にあったときには、この詩を思い出してください。私自身がそうであったように。
もっとも苦しいときには神様がついていて下さると。。。


『砂の上の足跡』

ある夜私は夢をみた 
イエスさまと一緒に 砂浜を歩いていた
私の人生の ひとこまひとこまが 空いっぱいに 映しだされた

どの場面にも 二人の足跡が 砂の上についていた
ひとつは私のもので もうひとつは イエスさまのものだった

私の人生の最後のシーンが 映し出されたとき
私は砂の上の足跡をふりかえってみた

なぜか ところどころ 一人分の足跡しかないことに気づいた
しかもそれは私の人生の どん底で いちばん悲しい時だった
私はどういうことか わからず イエスさまにたずねた

『イエスさま 私があなたに従うと決心してから
いつも一緒に歩いてくださると 約束してくださったではありませんか

それなのに私の人生で 一番辛い時 一人分の足跡しかないのです
なぜ私があなたを最も必要とした時 私をみすてられたのですか 』

イエスさまはこう言われた
『私の大切な子よ 私があなたから離れたことは いちどもなかった

あなたが試みにあって苦しんでいた時
一人分の足跡しかないのは そのとき
私はあなたを背負っていたからだよ』

                                作者不詳

「FOOTPRINTS IN THE SAND」
One night a man had a dream.
He dreamed he was walking along the beach with the LORD.
Across the sky flashed scenes from his life.
For each scene, he noticed two sets of footprints in the sand: one belonging to him, and the other to the LORD.
When the last scene of his life flashed before him, he looked back at the footprints in the sand.
He noticed that many times along the path of his life there was only one set of footprints.
He also noticed that it happened at the very lowest and saddest times of his life.
This really bothered him and he questioned the LORD about it.
"LORD, You said that once I decided to follow you, You would walk with me all the way.
But I have noticed that during the most troublesome times of my life, there is only one set of footprints.
I don't understand why when I needed You most You would leave me."
The LORD replied, "My son, My precious child, I love you and I would never leave you.
During your times of trial and suffering, when you see only one set of footprints, it was then that I carried you.


                               Author Unknown

2010.03.11

食のギャラリー612 3月の教室

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ
火曜日は612の3月の教室でした。寒くて寒くて、ちらほらと雪もちらついていました。
人数も少なく、のんびりなごやかにおしゃべりしながら楽しくお料理しました。

メニューは春アサリの炊き込みご飯、菜花の白和え、小やりいかのおから煮、わかめと長ネギの酢味噌和え、白菜の味噌汁でした。

DSC_09490001.jpgDSC_09450001.jpgDSC_09460001_20100311151807.jpgDSC_09440001_20100311151850.jpg

春アサリはふっくらしていて大粒でおいしい。わかめも今が旬でしゃきしゃきしていて美味しいのだ。
白和えはとうふと練り胡麻で作るけど、一度裏ごししているので口当たりがよい。家でもやってみよう。
いかの処理の仕方も教えてもらったので、次に市場にいったら買ってみよう。


DSC_09470001_20100311151756.jpgDSC_09480001.jpg

612に行く前に自由が丘で友人とお茶をしました。自由が丘は12時スタートの店が多いので、11時待ち合わせでランチができないそうで困っていたのですが、友人がリサーチしておいてくれたカフェメデオでお茶をすることができました。

白っぽくて可愛いインテリアで一階が雑貨屋さんでした。
チャイを頼んだのですが、可愛い猫の絵が書いてありました!(ぼけぼけですが)

DSC_09430001_20100311151858.jpg

春から小学校に通うお嬢さんのためにNちゃんが通園バッグ一式を作ってあげました。生地は鎌倉のスワニーで買ったそうです。裏地は小花柄で刺繍もしてあって、本当に素敵。おばちゃんもこれをもって通勤したいぐらい!
こんなおしゃれなのをさらっと作ってしまうNちゃんは本当に素晴らしいセンスの持ち主です。尊敬です。

お裁縫はあまり得意ではありませんが、Sちゃんはアロマに精通していてハンドクリームを作って持ってきてくれました。アンチエイジングのローズです。最近はベリーダンスもはじめたそう。みなさんに刺激をもらって、楽しいひとときでした。
DSC_09410001_20100311151920.jpg

2010.03.03

季節の料理教室 ichi ここから 3月の教室

寒暖の差が激しい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
ひなまつりの日の今日、ichi 3月の教室をおこないました。

ほぼ1年中見ることのできる野菜、にんじんですが今が旬です。
あまくてしっかりした味で、本当においしい!
おいしいにんじんがたくさん手にはいったので、今日はキャロットケーキを作ることにしました。

てんさい含蜜糖で、やさしい甘さをつけました。レモンとアーモンドパウダーで風味をつけます。
にんじんの美味しさがふわっと口にひろがります。

生徒さんのお土産のレモンケーキを一緒に盛ってます。DSC_09250001_20100225162551.jpgDSC_09370001_1.jpg

次は春の香りご飯。以前612でわさび菜ごはんをおしえていただき、それ以来青菜を三つ葉やせりなどいろいろ変えて楽しんできました。さっとあぶったあぶらあげを細かく切り、胡麻は炒って香りを出し、ゆでて細かく切ったせり、
かつおぶし、韓国のりなどを上にのせます。
これも美味しい~~!

春の香りご飯(4人分) (612オリジナルレシピ わさび菜ごはんのアレンジです)

材料 5分搗きごはん 4人分、 せり 1/2 束 揚げ 1枚 かつおぶし 6g ごま 大匙1
   韓国のり(普通ののりでも良いです)3~4枚 生絞り醤油 大匙1 自然海塩 少々

作り方(4人分)

1) せりをゆで、かるくしぼり、5mmくらいに刻む。
2) フライパンやグリルなどで揚げをかりっと焼いて、横3等分に切りさらにに5mm幅に切る。
3) ごまを炒っておく。
4) ごはんをボールにいれ、せり、揚げ、かつおぶし、塩少々、醤油を加えよく混ぜる。
5) 器に盛り付け、ごまとちぎったのりを散らす


または皿にきれいに盛り付けて、卓上で混ぜてもよいです。

DSC_09350001_20100303174401.jpg

最後がごぼうのアイヨリソース和え。
卵黄のかわりにマヨネーズを使って、にんにく、レモン汁、醤油を混ぜたものをゆでた千切りのごぼうとながねぎのみじん切りで和えます。

ごぼうのサラダ アイヨリソース和え(4人分)

材料 ごぼう 1/2本、長ネギのみじん切り 大匙1~2、 オリーブオイル 小匙1、 マヨネーズ大匙3
   レモン果汁またはゆず果汁 大匙1/2~1、にんにくすりおろし 小匙1/2、海塩 少々、生しぼり醤油 少々

作り方 

1) ごぼうをななめ薄切りにして、さらに千切りにする。
2) 1)を鍋に入れ、ひたひたくらいの水を加えふたをして蒸しゆでにする。
3) ごぼうに火が入ったら、ざるに取り、ボールに移して、熱いうちにオリーブオイルと長ネギを加え混ぜ合わせる。
4) マヨネーズと果汁とにんにくを加えたもの、塩、醤油を加え混ぜ合わせる。


ねぎは青いところを使っています。みじんぎりはなるべく細かく。味のアクセントになっています。
美味しいのですが、けっこうにんにくが効いているので、においの気になる方は夜に召し上がってください。
こってりしたソースがごぼうと合って、ついつい後を引く感じでした。

DSC_09280001_20100303174339.jpg

2010.02.25

ホワイトスープ、ホワイトロール

今週は家にいることが多かったので、いろいろ料理を楽しむことができました。

ホワイトスープはかぶと大根と5分搗き米をくつくつ煮て、ハンドブレンダーでポタージュ状にし、卓上でオリーブオイルと塩を加えて食べるスープです。
じんわりとからだの温まる根菜のスープ。私はこの味が好きだなあ。

DSC_09210001_20100225162530.jpg
粉砕する前。
DSC_09220001.jpg
野菜そのままの味が出るので、おいしい野菜じゃないとだめ。
そしてホワイト・ロールケーキ。乳製品、実は大好きなのです。チーズ、クリーム、牛乳、ヨーグルト。
でもからだを冷やしますので、また質の良いものは手にいれるのがとても難しいので、嗜好品程度にしておいたほうがよいのです。

一度は作ってみたかった!思ったよりも弾力のある生地。めざすきめの細かい生地のためには、もう少し改良が必要です。でも出来上がったら、感動~~。

DSC_09370001.jpg
セールで手に入れたアントショップの小皿にのせて。DSC_09310001_20100225162620.jpg
娘は生クリーム大好きなので、ぱくぱく食べてます。子供は太らなくていいなぁ。。。

2010.02.18

根津美術館

料理教室のあと、リニューアルした根津美術館にいってきました。

以前から行きたいと思っていましたが、教室が終わった後はまっすぐ帰宅することが多いのでなかなか寄れませんでした。今日は夫が出張ということもあり、帰りに短い時間でしたが立ち寄ってみました。

こんな企画展をしていました。
やきもの


私にとって美術品と向き合うことは時空を超えること。
何よりもハッピーな時間かもしれません。

わずかな時間でしたが、こんな時間を持てて今日はとても良い日でした。

次はゆっくりと庭園を散策したり、カフェでお茶を飲んだりしよう。
次回のお楽しみ。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。